アスリート

スポンサーリンク
アスリート

廣田彩花バトミントン!私服がかわいい!画像でまとめ!

廣田 彩花(ひろたさやか )さんをご存知ですか?( ˆ ˆ )/日本の女子バドミントン選手で、少しタレ目で可愛らしい容姿の方です♡廣田彩花選手注目を集めるようになったきっかけは、可愛らしいルックスはもちろん、タカマツペアを抜き、女子ダブルス世界ランキングに、1位になったからではないでしょうか!
アスリート

福島由紀バトミントン!私服がかわいい!画像でまとめ!

福島由紀(ふくしまゆき)さんという、 バトミントン選手をご存知ですか?( ˆ ˆ ) 福島由紀選手が注目を集めるようになったのは、 タカマツペアを抜き、 女子ダブルス世界ランキング1位になった事と、 何かと話題になる桃田賢斗(ももたけんと)選手との 熱愛報道…などでしょうか。
アスリート

ワールドカップ2019岩坂名奈キャプテン!活躍シーンを画像!彼氏は?

来年開催される東京2020オリンピックで最高峰の頂点! 優勝を目指す女子バレーは中田監督のもと、【火の鳥NIPPON】として、着実に好成績を収めています。 今シーズン最大のターゲットである「ワールドカップ2019」は9月14日から開催。 岩坂名奈選手をキャプテンにして大勝利を!
アスリート

橋岡優輝は横浜流星に似てる?母が凄い!いとこ同士で陸上&サッカー

橋岡優輝さんは今ドラマに出て人気がある横浜流星さんに似てるとSNSで話題になっています。橋岡優輝さんについて紹介します!橋岡優輝さんと横浜流星さん、似すぎててヤバイ!!イケメンすぎる!!!・橋岡優輝さんと横浜流星さんは本当に似てますね。イケメン同士並んだらヤバそう・・・。・橋岡優輝さんと横浜流星さんは画像で見ると似てるのが分かります。アスリートと俳優どっちもかっこいい!!
アスリート

木村文子世界陸上制覇出来るか?かわいい顔をして腹筋がスゴイ!

木村文子さんは世界陸上で活躍している選手ですが、ギャップがすごい!?木村文子さんは世界陸上で活躍していますが、私服や顔が可愛いので人気があります。 木村文子さんについてまとめてみました。
アスリート

若隆景3兄弟の力士情報!嫁と子供は?しこ名の由来は?

兄弟3人とも相撲界に入門し、イケメン力士としても注目を集めている末っ子の若隆景(わたたかかげ)。二人の兄を抜き、平成30年の5月場所で新十両に昇進した事も話題に!兄弟で力士になることは珍しくない事ですが、3兄弟は2例目だとか。そして若隆景の父、祖父も力士だったという事なので親子三代に渡る「力士一家」です。まだ20代半ばの若さで結婚もされており、イケメンの若隆景の奥さんはどんな方なのか気になります! そんな若隆景について色々調べてみましたので、プロフィールを交えて見ていきましょう。
アスリート

水泳の青木智美がかわいいと評判!競泳美人のタイプの男性はだれ?

競泳の青木智美選手をご存知でしょうか?2016年、リオデジャネイロオリンピック 競泳女子800メートルリレーに出場の経験もある実力の持ち主ですが、見た目も「かわいい」と話題に。女優の綾瀬はるかさんや、タレントの壇蜜さんに似ていると言われる程の美貌の持ち主です。そんな「美人アスリート」としても注目されている青木智美選手について調べてみました。
アスリート

荒井広宙(競歩)のwikiプロフと自衛隊からの移籍!五輪メダルは?

荒井広宙選手は、リオデジャネイロオリンピックで男子50キロ競歩の銅メダリスト。 日本競歩界初のメダリストではたい荒井広宙さんは自衛隊体育学校出身です。 2019年1月に富士通陸上部に移籍されたのですが、その理由や荒井広宙選手のプロフィールなどを調べてみました!
アスリート

平石洋介を支える嫁と家族!イケメン監督の年棒!気になる成績は?

2019年から、東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めている平石洋介監督。35歳という若さで梨田昌孝監督の後を引き継いだ平石洋介監督ですが、際立って年少での監督抜擢でした。松坂大輔さんと同年齢にあた、るいわゆる「松坂世代」でもある平石洋介監督はイケメンでも知られています!そんな平石洋介監督の気になる年俸や成績を調べてみました! 2019年から、東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めている平石洋介監督。 35歳という若さで梨田昌孝監督の後を引き継いだ平石洋介監督ですが、際立って年少での監督抜擢でした。 松坂大輔さんと同年齢にあた、るいわゆる「松坂世代」でもある平石洋介監督はイケメンでも知られています! そんな平石洋介監督の気になる年俸や成績を調べてみました!
アスリート

園田新自費の海外遠征!鬼になって五輪メダルは狙えるか?

園田新選手昨年の4月くらいまで人生初単身で海外に渡りハンガリーの首都ブダペストを拠点としてレスリング漬けの毎日を送っていたのです。「これまで、ぎりぎり勝てそうな選手には、必ず勝つことが出来ると言えるくらいまでレベルを上げて戻ってきて、そして『五輪に出たい』ので、そのために何かを必ずつかんできたい!」と代表選手としての派遣ではなくて、自分でお金を100万円以上出して長期遠征をしていた園田新選手。
スポンサーリンク