スポンサーリンク

櫻井杏理車椅子フェンシング!ワールドカップ銅メダル!障害への思い

アスリート
スポンサーリンク

櫻井杏理さんと言う方をご存知ですか?

去年開催されたワールドカップでは
日本人唯一の銅メダルを獲得した
車椅子フェンシングの日本のエースの方です!

リオデジャネイロパラリンピックは代表を逃し悔しい思いをした
櫻井杏理選手。

東京パラリンピックに向け、現在はトレーニングに
励んでいるそうです!

そんな櫻井杏理選手について調べてみました(^^)

スポンサーリンク

櫻井杏理が車椅子フェンシングで日本人唯一のワールドカップ銅メダル!

2018年年末に日本で初開催された
「IWAS 車いすフェンシングワールドカップ 京都大会」。
この大会は東京パラリンピックの出場権に関わる重要な大会でした。

その大会で日本のエースでもある櫻井杏理選手は、
日本人唯一の銅メダルを獲得しました!

実は櫻井杏理選手は、この大会前、どん底にいたそうー。

2017年12月から4月末まで脊髄の感染症の再手術で
ずっと入院していました。

入院中は練習や動画のビデオは見ていたものの、
本当に試合に戻れるのかもわからず、焦りもあり
精神的にキツかったそうです。

そして実戦復帰。

日本には車椅子フェンシング女子のトップ選手がいないため、
たびたび行っていた、
日本人コーチ山本憲一氏のいるロンドンのフェンシングクラブ
「レオンポール」での武者修行を始めたそうです。

それからは、
車いすフェンシング漬けの生活を送り

見事銅メダルを獲得しました!

櫻井杏理の障害への思いと乗り越えてきた生き様

櫻井杏理選手は、

高校の頃から椎間板ヘルニアを患っていたそうなのですが、
当時はそこまで悪くなく、
理学療法士を目指して専門学校へ進学しました。

ずっとスポーツをやっていた櫻井杏理選手は、
スポーツに携われる理学療法士になりたいと思うようになったんだそうです。理学療法士の資格を取って、
ある程度臨床の経験を積んだら
青年海外協力隊で海外に行こう…と思っていたそうです。

そして、
専門学校に通っている頃にヘルニアの症状が悪くなってしまいます。

専門学校の最終学年で、最後の実習前。
椎間板ヘルニアの神経障害が悪化してしまい、
手術を受けて状態を改善させた上で実習に臨むつもりでした。

しかし、その時に受けた椎間板ヘルニアの手術で神経を傷つけてしまい、
後遺症が残ってしまったのです。

車椅子生活となってしまい、
後遺症が残ってしまったこと自体のショックと、
理学療法士への道を諦めなければいけないという現実。

精神的に辛い状態が1~2年は続いたそうです。

そしてなにか大きな出来事があった訳ではないそうなのですが、
医師や理学療法士たちとの出会いの中で、
「背負ってしまった障害とどう生きていくか」ということを、
考えるようになったそうです。

人との出会いの中で、考え方や落ちた心など
徐々に改善していったそうです。

椎間板ヘルニアはよく聞く病気ですよね。
うちの母もこの手術を受けています。

本人もまさかその手術の後遺症で障害をもってしまうとは
思ってもいなかったでしょうし
本当に辛かったでしょうね…。

櫻井杏理の経歴とプロフィール

櫻井杏理選手は退院後
あるアウトドアブランドのオープンスタッフに応募。
そして2014年ごろのこと。
そこで働いている時に、
接客が終わったタイミングで声を掛けられたそう。

その相手が当時の日本車いすフェンシング協会の事務局長でした。
「とりあえず一度練習を見に来てください」と熱心に誘われて、
見学に行ったら、早速その日に剣を握らされたそうです。

何か運命的なものを感じ、そのままフェンシングを始めたそうです。

元々の運動神経の良さもあり、
なんと半年でナショナルチーム入りを果たしています。

櫻井杏理選手のプロフィール

・生年月日
1988年11月15日
31歳(2019年11月時点)

・出身地
京都府 京都市

・所属
日阪製作所

主な成績

2015年
ワールドカップ(ポーランド)
フルーレ 18位

世界選手権 (ハンガリー)
フルーレ 21位
エペ 21位

車いすフェンシングアジア選手権大会(香港)
フルーレ 6位
エペ 5位

車いすフェンシング日本選手権大会
フルーレ女子 1位
フルーレ男子(特別参加) 3位

2017年
ワールドカップ(ハンガリー)
フルーレ ベスト8
エペ 2位

ワールドカップ(ポーランド)
フルーレ ベスト8
エペ ベスト16

車いすフェンシング日本選手権大会
フルーレ女子(クラスAB混合) 2位
エペ(男女混合) 3位
サーブル(男女混合) ベスト8

ワールドチャンピオンシップ(イタリア)
フルーレ 9位
エペ 6位

まとめ


・現在31歳
・フェンシングを始めて半年でナショナルチーム入り
・ワールドカップで銅メダル
・椎間板ヘルニアの手術の後遺症で車いすに。

でした!
東京パラリンピックでの櫻井杏理選手の活躍が楽しみです(^^)

コメント