スポンサーリンク

安室早姫ゴールボール!若きセンターが東京パラリンピックでメダルを目指す

アスリート
スポンサーリンク

安室早姫(あむろさき)さんと言う方をご存知ですか?

ゴールボールと言うパラリンピック特有のスポーツの

日本代表選手です!

そんな珍しい競技の期待の選手安室早姫さんについて、

調べてみました(^^)

スポンサーリンク

安室早姫ゴールボール!静粛の戦いでメダルを目指す

そもそもあまり聞きなれない『ゴールボール』

と言う競技。

ルールは、

視覚障がいのある選手がプレーします。

コート上の選手は3人。

鈴の入ったバスケットボール大のボールを互いに投げ合い、

得点を競うチームスポーツです。

障がいの程度に関わらず、

「アイシェード」と呼ばれる目隠しを装着し、全盲状態でプレーします。

試合時間は前後半各12分の計24分。

観戦のポイントとしては、

音を消した移動攻撃や味方の声を頼りにパス交換するなど、

音を頼りにするスポーツです。

選手は相手選手の足音などのかすかな音を頼りにボールの出所を読み、

体全体を使ってゴールを守る。

スポーツでは珍しい、

試合は静寂の中で行われるんです。

審判が「Quiet Please!(お静かに)」のコールをしたら、

とにかく静かに!

携帯電話をマナーモードに設定して下さい!

どのことでした。

そんなゴールボールは、

2012年ロンドンパラリンピックでは1位!

しかし、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは

まさかの5位…

東京パラリンピックでは首位奪還を目指し、

日々トレーニングと練習に明け暮れているそう。

今回の東京パラリンピックでのキーマンになる安室早姫さんは、

小さい時から目が見えなくて、

その代わりに人並外れた鋭い聴覚を持つ安室早姫さん、

それは、誰にも負けない武器なんだそう!

それは、

「ヒントを逃さない聴力」

どんな些細な音でも正確にキャッチし、

見えない相手の動きを見えないはずが瞬時に察知し、

攻守でチームに貢献するんだそう!

そんな最強の聴力で、金メダルとって欲しいでね!

安室早姫の経歴とプロフィール

プロフィール

・名前

安室早姫(あむろさき)

・生年月日

1993年3月5日

25歳(2019年11月時点)

・出身地

沖縄県 八重瀬町

・所属

チーム附属 (筑波大学附属視覚特別支援学校)

・ポジション

センター、ライト

安室早姫さんは、

病気のため1歳ごろから両目が見えなくなってしまいます。

「一度は東京に出てみたい」と言う思いから、

高校は文京区にある筑波大学附属視覚特別支援学校に進学し、

学校での寮生活を始めました。

高校2年のときに、

体育教師に勧められゴールボールを始めます。

チームに欠員が出たこと事により、急遽安室早姫さんが出場した日本選手権で

強豪チームにコールド負けを喫してしまい、

その悔しさから本気でゴールボールに取り組むようになったそうです!

2015年には、全日本チームに召集されたのですが、

206リオデジャネイロパラリンピックの日本代表には選出されませんでした…。

そしてチャンスを掴んだ東京パラリンピック。

抜群の聴力を武器に、ディフェンスの要として、メダルを狙っています!!

安室早姫さんの、主な成績

2015年

アジア・パシフィック選手権大会(中国)

1位

2016年

ジャパンパラゴールボール競技大会

3位(JAPAN Bチーム)

2017年

ジャパンパラゴールボール競技大会

1位

2017年

アジア・パシフィック選手権大会(タイ)

1位

2018年

日本ゴールボール選手権大会

4位(チーム附属)

まとめ

・現在25歳

・病気で1歳から目が見えない

・高校二年生の時教師からの勧めでゴールボールを始める

・コールド負けの悔しさから本気でゴールボールを始める。

・武器は抜群の聴力

でした!

物心つく前から目が見えず、聴力が鋭くなった安室早姫さんは、

その抜群の聴力を武器に、

東京パラリンピック金メダルを狙います!

前回のリオデジャネイロパラリンピックには惜しくも代表落ちした

悔しい思いもあるでしょうし、

金メダル取ってもらいたいですね!

安室早姫さんの活躍が楽しみです!!( ˆ ˆ )/

コメント