スポンサーリンク

木村 和平パラリン自転車でメダルを目指す!サッカーからの転身!

アスリート
スポンサーリンク

木村和平さんと言う方をご存知ですか?

2018年沢山の大会で結果を残す

パラ自転車競技の選手なんです!

東京パラリンピックではメダルを期待されている

木村和平選手について、調べてみました!

スポンサーリンク

木村 和平パラリンピックでメダルを目指す!サッカーからの転身で自転車でメダルを

木村選手は、

生まれつき視覚障がいがあったそうなのですが、

高校1年生までは健常者に交じって

サッカーをプレーしていたそうなんです!

ブラインドサッカーでパラリンピックを目指そうとしていたそうなのですが、

全盲が対象となる国際大会には出場できないので、

弱視の木村選手は出場できず断念、

しかし、盲学校の先生に勧められ自転車を始めました。

メキメキと実力を発揮し、

日本代表選手になるまでになっています!

木村選手の行っている自転車競技

パラサイクリングは、それぞれの障害に応じて、

二輪自転車、トライシクル(三輪車自転車)、

タンデム(二人乗り自転車)、

ハンドサイクル(手漕ぎ自転車)を使用して、競技を行います。

パラリンピック自転車競技は、

自転車競技だけでもパラリンピックは、

トラック

・C1-2-3 1km タイムトライアル(男子)

・C1-2-3 500m タイムトライアル(女子)

・C1-5 チームスプリント(混合)

・C4-5 1km タイムトライアル(男子)

・C4-5 500m タイムトライアル(女子)

・C1 パシュート(男子)

・C2 パシュート(男子)

・C3 パシュート(男子)

・C4 パシュート(男子/女子)

・C5 パシュート(男子/女子)

・C1-2-3 パシュート(女子)

・B 1km タイムトライアル(男子/女子)

・B パシュート(男子/女子)

ロード

・H2 ロードレース(男子)

・H3 ロードレース(男子)

・H4 ロードレース(男子)

・H5 ロードレース(男子/女子)

・H2-3-4 ロードレース(女子)

・C1-2-3 ロードレース(男子/女子)

・C4-5 ロードレース(男子/女子)

・B ロードレース(男子/女子)

・T1-2 ロードレース(男子/女子)

・H2 タイムトライアル(男子)

・H3 タイムトライアル(男子)

・H4 タイムトライアル(男子)

・H5 タイムトライアル(男子)

・H2-3 タイムトライアル(女子)

・H4-5 タイムトライアル(女子)

・C1 タイムトライアル(男子)

・C2 タイムトライアル(男子)

・C3 タイムトライアル(男子)

・C4 タイムトライアル(男子/女子)

・C5 タイムトライアル(男子/女子)

・C1-2-3 タイムトライアル(女子)

・B タイムトライアル(男子/女子)

・T1-2 タイムトライアル(男子/女子)

・H2-5 チームリレー (混合)

こんなにあるんです!!

まだ詳しくは分からないのですが、

木村選手は、ロードタイムトライアル

4km個人パーシュート 

1kmタイムトライアル 

に出場されると思います。

2018年の9月8日、

2020年の東京オリンピック・パラリンピック会場となる

伊豆ベロドロームで

「2018日本パラサイクリング選手権トラック大会」が

「第87回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」と

共催で行われました。

そこで木村選手は、

1kmタイムトライアル

個人パーシュート(4km)に出場。

2011年に大城竜之・伊藤保文ペアが記録した

4分38秒283の日本記録を大きく更新する、

4分24秒407の日本新記録をたたき出したんです!!

結成して1年の時点で結果を残した木村選手。

金メダル取れるかもしれないですね!!

木村 和平の経歴とプロフィール

プロフィール

・生年月日

1996.11.23

・身長

178

・体重

71キロ

・出身地

北海道 帯広市

・所属

楽天ソシオビジネス

主な成績

2018年

UCIパラサイクリングトラック世界選手権(ブラジル)

4km個人パーシュート 16位

1kmタイムトライアル 19位

2018年

UCIパラサイクリングロードワールドカップ(ベルギー)

ロード・タイムトライアル 11位

2018全日本選手権ロードタイムトライアル(石川)

ロードタイムトライアル 1位

UCIパラサイクリングロード世界選手権(イタリア)

ロード・タイムトライアル 19位

ロードレース 15位

インドネシア2018アジアパラ競技大会(インドネシア)

ロードタイムトライアル 1位

4km個人パーシュート 1位

1kmタイムトライアル 4位

まとめ

・生まれつきの視覚障害

・健常者に混じってサッカーをやっていた

・盲学校の先生のススメで自転車競技を始める

・個人パーシュート(4km)日本記録を更新

などがわかりました。

ブラインドサッカーは全盲の方しか出場出来ないので

弱視の木村選手は出場出来ず、

ずっとサッカーをやっていた木村選手は

悔しかったでしょうね…

ですが、すぐに自転車競技で結果を出すあたりは

さすがの身体能力ですよね!!

東京パラリンピックでメダル獲得する

木村選手の姿をみたいですね!

コメント