スポンサーリンク

松居慶子ビルボードジャズで1位!アルバム「Echo」で世界を駆け巡り!

女性
スポンサーリンク

「ケイコの音楽は魂の栄養だ」!とファンの方々から言われている松居慶子さんが、28枚目のアルバムとなる「Echo」で
アメリカビルボード・コンテンポラリージャズアルバムチャートで1位になりました。
発売は、今年2019年2月ですね。
松居慶子は今回が初の1位ではなくて過去にも受賞しています。
2001年・2016年と3度目の首位獲得は日本人として初の快挙です。
現在も上位にランクインしていてジャズピアニストとして確固たる地位を持っている方です。

スポンサーリンク

松居慶子さんの経歴

東京都出身の57歳です。

5歳からピアノを弾き始めて18歳でヤマハ・ミュージック・コミュニケーションズとアーティスト契約を結ぶ。
その後、1980年代には、3人組『COSMOS-keyboards trio-』を結成して活動をしています。

テレビの人物紹介番組 『いのちの響』で取り上げられたこともあり、1993年5月には、メキシコシティで開催されたミス・ユニバース世界大会で審査員を務めていたりとグローバルに活躍をされています。

2001年、アルバム『DEEP BLUE』が全米ビルボードのコンテンポラリージャズ・チャートで1位になり、これは日本人初の快挙となりました。

2004年には、日米交流150周年記念外務大臣表彰も受賞されマスコミ各社を賑わせました。

その後は、2006年7月18日に敦賀短期大学客員教授に就任して約4年間ほど客員巨樹としても活躍。

2016年、アルバム『Journey To The Heart』が全米ビルボードのコンテンポラリージャズ・チャートで初登場1位になった。

2019年、アルバム『Echo』が全米ビルボードのコンテンポラリージャズ・チャートで初登場1位になった。
2001年に発表したアルバム『DEEP BLUE』以来3度目で日本人初としてたくさんのファンが喜びあっています。

松居慶子さんのアルバムの紹介

水滴~A DROP OF WATER(1992年12月21日)2002年2月21日
北斗~UNDER NORTHERN LIGHTS~(1988年)2002年4月20日)
風と狼~THE WIND AND THE WOLF~(1990年5月25日)2000年11月22日
Night Waltz(1991年7月25日)2000年11月22日
Cherry Blossom(1992年9月23日)2000年11月22日
Doll(1994年11月18日)
Sapphire(1995年11月17日)
DREAM WALK(1997年1月18日)
Full Moon and the Shrine(1998年)2002年1月19日)
IN A MIRROR(2000年4月)2002年11月21日)
The Piano(2001年1月11日)
Deep Blue(2001年5月19日)
水の妖精/Deep Blue ソロピアノ・ヴァージョン(2001年9月21日)
指環~YUBIWA~(2002年6月8日)
WILDFLOWER(2003年9月25日)
Walls of Akendora(2004年11月10日)
Compositions(2005年7月27日)
Moyo(2007年4月24日)
The Road…(2011年1月25日)
Soul Quest(2013年7月30日)
Journey to the Heart(2016年8月5日)
Echo(2019年2月22日)

Echo [ 松居慶子 ]

楽天で購入

 

 

 

Echo [ 松居慶子 ]

楽天で購入

 

Echo [ 松居慶子 ]

楽天で購入

 

さいごに

全米各地をはじめ今や全世界を駆け巡る松居慶子の生演奏を一度は聞きたいと思っているのですが
アメリカには行けないなーって思っていたら日本でのライブ情報が来たのですが
どうしてもその日は時間が作れない!って悶々としています。
ブルーノート東京で6月21日・22日に行われます。

興味ある方は一度は生を聞かれるのものいいですよ!

コメント