スポンサーリンク

夏井いつきと梅沢冨美男が仲良しの真相は!若い頃や句会の反響ぶり

女性
スポンサーリンク

夏井いつきさんが俳句の先生として出演している「プレバト!!」1月10日放送で梅沢冨美男さんとのバトルがありましたよね!
その放送後から、夏井いつきと梅沢冨美男は仲がいいのか?
それとも放送通り仲が悪いのか?
などと度々ネットやSNSなどで騒がれていますよね!
『夏井いつきと梅沢冨美男が仲良しの真相は?』って感じで考察してみました。

「プレバト!!」の1月10日放送では、梅沢冨美男さんが夏井いつきさんに対して、『名人に対して失礼だろ!』と激怒しましたね。
それに対する夏井いつきさん側も『むかっ腹が立った!』と応戦し、MC役の浜田雅功さんが「ケンカをするな!」と止めた一幕がありましたね。
視聴者として、このようなやり取りは非常に面白く見れる部分ですよね!
そこで、本来のお二人の仲はどうなんでしょうね?

指摘されたのは、季語に対するもので、『濃さ』の『さ』に対しての注意だったのですが、梅沢冨美男さんが「なっちゃんが言ったじゃないか! 視聴者をバカにするなって。だから分かりやすく”さ”にしたんだよ!」との事から考えると放送を面白くするためのバトルなのかと思いますよね!
また、梅沢冨美男さんのブログにも収録語に二人で撮った写真をアップしているぐらいですからね!

スポンサーリンク

夏井いつきの若い頃は原田知世に似ている?

写真はここ

夏井いつきさんの若い頃は誰かに似ていますよね。
チョット見た感じでは、「原田知世さん」に似てると思いませんか?
ネットでは、それ以外にも「角替和枝さん」とか「李善権」に似ているとか言われていますよね。
「角替和枝さん」は同じ女性だから良いとしても、「李善権」って北朝鮮の男性幹部ですよ。
チョット可哀想すぎると思いませんか?
まぁ、一番いいのは「原田知世さん」に似ているってことですよね!
夏井いつきさんの若い頃は、国語の先生ですから生徒たちからの人気も高かったでしょうね。

夏井いつき句会ライブってどんなことをやるの?申し込み方法やチケットは

公式サイトにも詳しく載っていますが
句会ライブとは「句会ライブはたくさんの人たちと一緒に楽しむための新しい句会の形です。
俳句なんて絶対作れないと信じている人でも、「取り合わせ」という技を一つ覚えれば、5分で一句作ることができます。
自分の俳句がその場で評価され、皆で議論してグランプリを決めるというゲームとしての面白さ、コミュニケーションの場としての句会の楽しさ、表現する喜び等々、様々な体験ができます。」公式サイトからの抜粋です。

公式サイト:http://www.natsui-company.com/

ターゲット層も特には定めがなさそうで、幅広い年代の方が出来るようですね。
「プレバト!!」でも結構年齢層がバラバラでも楽しめているので一般人の私たちも出来そうですね!

句会の意義を公式サイトから見てみると企業の研修などでも使えるんじゃないかと思いますね!

俳句を通じてコミュニケーションできる場の楽しさを体験する。

通常の仕事以外でもコミュニケーションを取ることは必要だと思いますが、ハラスメントの関係で
昔のような飲みにケーションはかなり減っているように思えます。
そんな時に趣向を変えて、俳句でコミュニケーションを取るのは良いかもしれないですよね!
普段怖い上司が俳句でボロボロになる。って結構面白いことかもしれないです。

季語を知ることで、自然を見つめ直す目が養われ、季語を五感で体感するきっかけとなる

またオフィスワークが専門の方や、海外などの出張が多い方などは、季語から感じる季節感を体感することで
モチベーションのアップにつながりそうですね!

夏井いつきは講演会も開催している!申し込み方法やチケットは

講演会はこちらのサイトを通して申し込みが出来るようですよ!

https://kouenplus.com/profile/natsui_itsuki/

また講演会テーマは、
1.100年俳句計画~俳句を使ったまちづくり~
2.私の100年俳句計画(誰にでもできる俳句との関わり)
3.子どもたちはいかにして俳句と出会ったか
4.俳句のある生活を楽しみたい人のための俳句
5.俳句とコミュニケーション
6.俳句甲子園
7.俳句は脳に効く
8.句会ライブ(人権、食育、保育、コミュニケーション、三世代交流など)

さいごに

ズバズバとモノを言うイメージが強い夏井いつきさんですが
俳句を通しての考え方や生き方に共鳴できる部分が多く感じられます。
俳句は、古来からコミュニケーションを取る上では必要不可欠だったと思います。
戦国小説などにはよく書かれていますよね!
デジタル社会で便利になって俳句を愛する人が減っていると思いますので
機会を見つけて俳句の面白さに触れてみたいですね!

コメント