スポンサーリンク

渡部香生子の出身高校・大学は?気になる成績!私服がオシャレ

アスリート
スポンサーリンク

水泳界のホープで東京オリンピックでも注目の選手の一人が渡部香生子さんですね。

幾つかの悔しさを味わいながらも最高の成績を収めてきた渡部香生子さんです。

今回は、東京オリンピックまで1年となったところで彼女の出身高校から大学そして両親の育て方などを考察してみます。

スポンサーリンク

渡部香生子の出身高校・大学と両親を含めた家族構成

4歳の頃に、病弱だったため少しでも丈夫になるようと両親がスイミングスクールに通わせ始めました。
確かに、子供のころに病弱だとスイミングスクールを選択する両親は多いですよね。
しかし、それでオリンピック選手にまでなれるのは、彼女の努力と才能があると思います。

渡部 香生子さんのプロフィール

名前:渡部 香生子(わたなべ かなこ)
生年月日:1996年11月15日
出身:東京都葛飾区出身
血液型:A型
得意種目:平泳ぎ

中学1年までは個人メドレーをメインにして競技会や大会に出場。
しかし、中学1年の時に右肩の故障によって、肩への負担が少ない平泳ぎに転向しました。
最初のうちは平泳ぎが苦手だったらしいのですが成績は良かったようです。

出身の高校はどこ?

渡部 香生子さんが通っていた高校は武蔵野中学・高等学校で中高の一環教育ですね。
ここは、文武両道の学校ですね。
もちろん、水泳もかなり良い成績を収めている方が多いですね!
世界水泳大会で金メダルを受賞した時も学校のホームページで紹介されていました。

高校卒業後は早稲田大学に進学して今年(2019年)に卒業されました。

家族構成はどうなってる?

渡部 香生子さんの家族がアスリート家族でした。

父:渡部桂次さん
母:渡部恵美子さん
妹:渡部千夏さん

渡部香生子さんの母はアスリート!

渡部香生子さんの母、恵美子さんも中学、高校時代に活躍した水泳選手でした。
その後は、プロゴルファーを目指していたらしくプロ級とのことです。
まさに家系と言える出来事がもう一つあります。

恵美子さんのおじいちゃん、つまり渡部香生子さんの曽祖父が、お相撲さんだったんです。
力士は見た目はぽっちゃりですが、筋肉隆々で力強さは常人では理解できないほどですね。

その体力が渡部香生子さんにも遺伝して、力強い泳ぎができるのですよ。

渡部香生子さんの父はどんな人?

父親の桂次さんもスポーツマンで高校時代は、ボクシングのミドル級で国体とインターハイに出場したそうです。
今でも家にはダンベルなどの筋トレグッズが並んでおり、身体を鍛えているようです。

この両親だからこそ、オリンピックアスリートが生まれたと云うのも納得できますね。

妹の千夏さん

3歳年下の千夏さんも香生子さん同様に水泳を行っています。
ただ、残念ながら香生子さんほどの成績は出ていないようですが、いつか姉妹でメダルが取れると良いですよね!

渡部香生子の気になる成績

2012年08月: ロンドンオリンピック 200m平泳ぎ14位。
2012年12月:世界短水路選手権 200m平泳ぎ3位、50m平泳ぎ22位、100m個人メドレー10位。
2014年08月: パンパシフィック水泳選手権 200m平泳ぎ優勝、100m平泳ぎ2位、200m個人メドレー4位、400mメドレーリレー4位。
2014年09月: アジア競技大会 50m平泳ぎ4位、100m平泳ぎ2位、200m平泳ぎ優勝、200m個人メドレー2位、400mメドレーリレー優勝、400mフリーリレー2位。
2014年12月: 世界短水路選手権 200m平泳ぎ優勝、100m平泳ぎ9位、50m平泳ぎ21位、400mメドレーリレー3位。
2015年08月: 世界水泳 200m個人メドレー2位、100m平泳ぎ4位、200m平泳ぎ優勝。

もう、すごいの一言しかないですよね。
東京オリンピックが楽しみです。

渡部香生子さんの私服がオシャレ

女性アスリートの方々は普段は競技服がメインなのでなかなかオシャレする機会が少ないと思います。

そんな中で若い人ならではのオシャレ感が渡部香生子さんにはありますよね。

また水泳の時の写真もこちらをどうぞ!

>写真<
>写真<
>写真<
>写真<

さいごに

渡部香生子さんの魅力を考察してみました。

強さの秘訣は家系もあるのかな~って思いますよね。
また来年の東京オリンピックでの活躍も期待したいですね!

コメント