スポンサーリンク

山下泰裕JOC新会長!最強で経歴と学歴は?妻と子供の家族・離婚の真相も

アスリート
スポンサーリンク

日本オリンピック委員会(JOC)は、山下泰裕柔道オリンピック金メダリストに新会長を決めました。
スポーツ界の度重なる不祥事を立て直しと2020年7月開催の【東京オリンピック】でも選手の強化の旗振りとなります。

前任の竹田恒和さんは18年間、会長職を務めてきましたが、東京五輪・パラリンピック招致を巡る贈賄疑惑でフランス司法当局から捜査を受けいたので、任期満了による退任となりました。

柔道界の王者が日本オリンピックの会長となることで日本選手団もより一層の励みなると良いなと思います。

私も子供の頃に山下泰裕さんの不屈の柔道を見て、憧れ柔道を愛してきました!

今回は新会長になった山下泰裕さんの最強度と経歴や学歴、そしてプライベートなことを考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

山下泰裕さんの最強はいつごろから?選手時代からの経歴!

山下泰裕さんプロフィール

名前:山下泰裕(やました やすひろ)
生年月日:1957年6月1日
年齢:62歳
出身地:熊本県
血液型:A型
身長:180cm
体重:128kg
高校:九州学院高校・東海大学付属相模高校
大学:東海大学
段位:八段

元々は、虚弱だったのですが祖父からのスパルタ教育により、体が成長して小学校低学年の時には、「山下がいるから学校に行きたくない」と同級生に云われるぐらいにわんぱくに育ちました。

虚弱だった話は、山下泰裕さんの主催する『柔道教育ソリダリティー』でもよく講和されますね!

小学校3年で藤壺道場に入門し、柔道を始め、頭角を現して6年生の時には熊本県の大会で優勝。
中学は柔道で名門といわれる【熊本市立藤園中学校】に入学。団体戦ではオール1本を取り、周囲をにぎわして自身の夢も「オリンピックに出場して、メインポールに日の丸を掲げながら『君が代』を聞きたい。そして柔道の素晴らしさを世界の人々に広げられるような仕事をしたい」と語るようになった。

高校は東京の学校との話もあったが、大学から東京に行けばいいと九州学院高校に進学。

インターハイ重量級では史上初の1年生で優勝となった。
2年生の時には7月の金鷲旗で10戦全勝してチームを優勝に導く。
しかし、8月のインターハイの準決勝では岐阜県立関高校3年生の松井勲に判定負けして3位に終わる。
それから、東海大学付属相模高校への転校となります。
17歳の時に全日本新人体重別選手権で優勝。

大学はそのまま東海大学に進み、大学2年年で全日本選手権に史上最年少優勝。
子供の頃の「怪童」が「怪物」と呼ばれるようになった。
大学4年では、全日本選手権では戦後初となるオール一本勝ちでの3連覇を果たした。

金メダルを期待されてたモスクワオリンピックで日本不参加を表明

1979年の世界選手権でも優勝を果たし、モスクワオリンピックの日本代表に選出され、金メダルの獲得が期待されていましたがソビエト連邦のアフガニスタン侵攻に抗議するために日本はオリンピックの不参加を表明しました。
当時の松前重義東海大学総長から「オリンピックを観戦して来なさい」と云われ、モスクワオリンピックの柔道を観戦して傷ついた心を癒しました。

現在では、『柔道教育ソリダリティー』を通じてソ連との交流も盛んに行っています。

ロサンゼルスオリンピックでは、肉離れをおこして危ぶみましたが、決勝でのモハメド・ラシュワンさんとは、互いにフェアープレーで戦い優勝。
表彰台の中央に上ろうとする山下泰裕さんに、ラシュワンさんは山下泰裕さんの足を気遣って手を差し伸べ、友情の証として世界から評価された。
またラシュワンさんも、山下泰裕さんの右足を狙わなかったという主旨の発言をしたことから、そのフェアプレーの精神を称えられた。
感動した戦いでしたね!

1985年の全日本選手権で優勝しましたが、足が完治することができない理由から、28歳で現役引退。

山下泰裕さんが残した功績は大学2年生の10月に全日本学生選手権で敗退して以来、7年間の間に1度も負けることがありませんでした。

7度の引き分けを挟むと公式戦で203連勝を記録。

外国人選手に対しては、116勝0敗3引き分け・通算成績は528勝16敗15分けで、世界史上最強の柔道家と云われるようになりました。

山下泰裕さんの妻と離婚の噂の真相!

ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得し、その後に国民栄誉賞も受賞して、選手として引退の道をたどりましたが、伴侶となる女性からの猛烈なアプローチで結婚になりました。
お相手は、銀座和光で店員をしていた一般女性です。(みどりさん)
山下泰裕さんが和光での買い物の際にみどりさんから見初められました。
みどりさんは、もともと山下泰裕さんのファンだったため、顧客リストから山下泰裕さんの住所を調べ、写真と手紙を送るなど積極的にアプローチして交際・結婚となりました。
今では、個人情報などでうるさくてとてもこのような事は出来ませんが、当時はまだ許されていたんですね。
しかし、会社からお咎めがあったようですね!

山下泰裕さんの『家族』で検索をすると『離婚』と出るのですが、実際のところは離婚はされていないようですよ。

単なるうわさだけって感じですね!

さいごに

柔道の王者が日本オリンピック委員会(JOC)の会長に就任で個人的にも大変うれしく思っています。
山下泰裕さんの堂々たる姿で日本のスポーツ界の更なる発展と不正疑惑のようなフェアープレー精神に反する社会の絶滅をお願いしたいですね!

コメント