スポンサーリンク

戸邉直人イケメン!恩師・コーチのトレーニング法!筑波大での論文

アスリート
スポンサーリンク

男子走り高跳びの戸邉直人さん、2月のドイツで行われた陸上競技会で優勝しましたよね。

しかも、日本新記録の2メートル35という素晴らしい記録で優勝!

それまでの記録は、2006年2月に醍醐直幸さんが持っていた記録で2メートル28、で13年ぶりの新記録ということなのです。

日本新記録を出して優勝した戸辺直人さんは一体どんな人物?と疑問がわいたので調べてみました。

このような感じで進めていきますので是非、読んでいただいてなるほどな~って思っていただいて応援して頂ければと思います。

・戸邉直人はイケメン!プロフィールと筑波大学での論文
・戸邉直人の強さは恩師とコーチにあった!
・戸邉直人のトレーニング法とオリンピックへの戦歴
スポンサーリンク

戸邉直人はイケメン!プロフィールと筑波大学での論文


まずは、イケメン戸邉直人さんのプロフィールから見てみましょう!

戸邉直人 プロフィール

名前:戸邉直人 (とべなおと)
生年月日:1992年3月31日
身長:194cm(高身長ですね!)
体重:74kg
出身地:千葉県野田市
出身中学:野田市立第二中学校
出身高校:専修大学松戸高校
学歴:筑波大学
所属:つくばツインピークス

戸邉直人さんは、中学校3年生の時に『走り高跳び』で公式大会で優勝を果たしました。
出場したのは『第33回全日本中学校陸上競技選手権大会』です。1m94で優勝となります。
中学生で1m94って凄いですよね!

その後、高校に進学してからも記録を出しています。

高校は、プロフィールにも記載しましたが、専修大学松戸高等学校に進学。
高校3年生でインターハイ出場し、2m18で優勝をします。
インターハイから約2ヶ月後に行われた『トキめき新潟国体』では高校新記録の2m23で優勝。
インターハイと国体で高校2冠をゲットして将来を有望されます。

その後は筑波大学へ進学して記録との挑戦を行っています。

その中で戸邉直人さんの凄いところは、通常は自身の記録や大会での成績を追いかけると思うのですが
違っていて、『世界のトップにいくためには何が必要か?』を考えて、大学院へ。
その後も修士を取得後は、博士課程に進んで合計9年間も筑波大学で過ごすことになりました。

専攻は『走り高跳びのコーチング学』を研究し、研究と競技のまさに、二足の草鞋状態で各種大会に出場しています。
当時のコメントで「研究にはかなり時間を使います。競技に支障が出ることもありました。」と述べるほど大変な状態だったと思います。

2019年1月末に博士論文の最終審査があって、論文作成で競技のことは、考えられなかったとの事ですが、論文提出しヨーロッパに遠征。
その大会で『日本新記録』を樹立しました。

文武両道の猛者とは戸邉直人さんの事を指すんですね!

戸邉直人の強さは恩師とコーチにあった!

戸邉直人さんの恩師でありコーチは、筑波大学で陸上監督を務められた「図子浩二さん」ですね。
しかし、2016年に52歳という早すぎる死を向かい入れてしまいました。

図子浩二さんが研究していた日本人アスリートのトレーニング法やメカニズムなどが凄いですね。
日本人やアジア諸国の黄色人種は下肢の長さが比較的短いという身体的な特徴があって、生まれ持ったバネが強くない。

その生まれ持ったバネをどう克服していけるのか?

世界で通用する選手に育成するにはどうすればいいのか?

などを、理論体系にしてトレーニングを積み重ねていく。
事が、世界で通用する選手育成との事で「知」と「熱」が図子浩二さんから託されました。

素晴らしい師弟愛ですよね!

戸邉直人のトレーニング法とオリンピックへの戦歴

公開練習でも明かしていますが、戸邉直人さんのトレーニング法は跳躍力にあった。

公開練習日にウォーミングアップを済ませた戸邉直人さんがメインの跳躍練習を公開することになりました。

最初に1m70~80の高さをはさみ跳びで4本。

その後に背面跳びで1m90を跳び、跳躍を開始。

踏み切り位置や踏み切り数歩前の地点に立ってバーとの距離感を確認。

2m00、2m10、2m15と、高さを上げていきました。

そこで凄いのが、ほとんど休憩を入れずに淡々と行っていたところだと思います。

最後に2m20にバーを上げて5回跳躍し、終了となるラストに2m00に下げて一度飛んで終わりとなりました。

今後の目標についてに意見を求められ、「今回の結果で、かなり具体的に世界のトップが見えてきたので、この勢いのまま突っ走っていきたい。今年は、記録的には2m40を目指したいなと思っていて、結果・順位的なものは10月に世界選手権があるので、そこで金メダルを取れるように頑張りたい」とのことです。

さいごに

記録もどんどん伸びて来ていて、東京オリンピックのメダル獲得も可能と思います。

イケメンぶりからも女性のファンも増えるのかな?

これからの活躍を期待して応援していきたいですね!

コメント