スポンサーリンク

木村文子世界陸上制覇出来るか?かわいい顔をして腹筋がスゴイ!

アスリート
スポンサーリンク

木村文子さんは世界陸上で活躍していますが、私服や顔が可愛いので人気があります。
木村文子さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

木村文子のプロフィールと座右の銘は?

名前は木村文子(きむら あやこ)さん。
生年月日は1988年6月11日。
出身地は広島県広島市安佐北区。
学歴は広島県立祇園北高等学校→横浜国立大学卒業。
身長は168cm
体重は53kg

100mは11秒95
100mハードルは13秒03
走り幅跳びは6.17m
所属はエディオン
好きな食べ物:お好み焼き、卵焼き、いちご
好きな言葉は一期一会
趣味・特技はスポーツ観は戦・カフェ巡りだそうです。

座右の銘は信条です。
堅く信じて守っている事柄です。
信仰の箇条、教義「信条を守る」、キリスト教会において、その信仰告白を基準化。
使徒信条やニカヤ信条、アタナシウス信条などがあります。

その活動や行動に共感を得る、説得力を与えたりする為に理屈となる物があるに越した事はないです。
人は無意味な行動に共感はしないが、努力の底にある意識に対して理由を求めるようです。

木村文子は可愛い顔をして腹筋がすごい!

木村文子選手は実力もありながら、かわいい、美人とルックスやスタイルでも話題になる選手なんです。

またかわいいのは容姿だけでなく私服もかわいいと評判だそうです。
アスリートとはいえ女子なので、インスタにネイルを投稿したりSNSで発信された画像がyoutubeに画像の特集として組まれるほどの人気です。

カープ女子で有名ですね!

かわいいだけの選手ではない木村文子選手。ストイックな努力で常に鍛えているのでしょう。
トレーニングウェアから現れるシックスパックの腹筋はすごいですね!

走りながら体を折りたたみ、高速でハードルを通過する体を支えるための体幹のトレーニングは欠かせないですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アジア選手権は2位でした。 社会人になってから、ずっと競り合ってきた韓国のHyelim選手との戦いになりました。優勝を目指していただけにとても悔しいです。でも今大会は彼女の力が勝っていました。私の実力不足です。応援して下さった皆様、大変申し訳ありません。 引き続き12秒台を目指して頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。 そして、Hyelim選手も12秒台を一緒に目指している仲間です。これからも切磋琢磨していきたいと思います😌 I had silver medal at Asian Championship in lndia. Thank you for lots of support. #アジア選手権 #2017 #インド #ハードル #レース #asian #championship #india #🇮🇳 #100mh #silver #medal #iaaf

木村文子さん(@kimura.ayako)がシェアした投稿 –

見事なアスリート体型は数々の女子アスリートも、屈指のレベルと感じます。
スゴイ腹筋を持ちながら笑った顔が素敵で可愛いので男性にモテそうです。

木村文子は東京オリンピックが狙えるか?過去の戦歴を基に予想を!

横国大時代は日本学生陸上競技対校選手権大会の100mハードルや走幅跳に4年連続出場した。
2009年の第78回大会は100mハードルで2位になりました。

大学4年の2010年9月、第79回大会の100mハードルで大会新記録となる13秒28をマークして初優勝を飾りました。

2011年4月、エディオンに入社して6月の第95回日本陸上競技選手権大会の100mハードルを13秒32の記録で制して大会初優勝を飾ります。

同大会では走幅跳も10位の成績を残し、7月に神戸で行なわれた第19回アジア陸上競技選手権大会の100mハードルに日本代表として出場し、4位に入賞しました。

9月に行なわれた第59回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の100mハードルでも優勝、10月の第66回国民体育大会成年女子100mハードルも自己新記録となる13秒19の記録が出ました。

2012年4月、第46回織田幹雄記念国際陸上競技大会の100mハードルは自己新記録となる13秒04を記録し優勝しました。
6月の第96回日本陸上競技選手権大会の100mハードルは2連覇を飾って、ロンドンオリンピック女子100mハードル日本代表に選出されました。
ロンドンは予選1組7着で自社のCMキャラクターに起用されました。

2013年6月の第97回日本陸上競技選手権大会は13秒03を記録したが、紫村仁美に僅差の2位。
7月、インド・プネーで開催された第20回アジア陸上競技選手権大会に出場し13秒25の記録で優勝、アジア女王に輝きました。

2017年8月のロンドン世界陸上では、予選2組で13秒15の4着に入り、世界陸上では日本人初の女子100mHで準決勝進出となり、準決勝2組では13秒29で8着に終わりました。

まとめ

木村文子さんは陸上選手として今まで活躍されてきましたが、2020年のオリンピックも活躍してくれると思います。

裏で体を鍛えていますが、腹筋がわれてみごとな体作りをされているのでおどろきました。
顔は可愛くて私服も可愛い姿をみると陸上選手とは思えません。
今後の木村文子さんの活躍に期待したいです。

コメント