スポンサーリンク

前野健太いだてん出演¡サクラやライブ情報!歌詞など

俳優
スポンサーリンク

前野健太さんと言う方をご存知ですか?
歌手、俳優などの活躍をされている方です!

いだてんに出演が決定するなど、
最近話題の前野健太さんを調べてみました!

スポンサーリンク

前野健太プロフィール

・名前
前野健太・生年月日
1979年2月6日
40歳(2019年時点)・出身地
埼玉県入間市・あだ名
マエケン

2000年頃、
作詞・作曲をはじめる。
そして、東京都内を中心にライブ活動を行う。

2007年9月
自ら立ち上げたレーベル”romance records”より
アルバム『ロマンスカー』をリリースしデビュー

どこか事務所に入って…とはではなかったんですね!

2009年1月
2ndアルバム『さみしいだけ』をリリース。
全曲一人で、多重録音を行ったそうです!

2年後の2011年2月、
3rdアルバム『ファックミー』をリリース。

2011年12月には、
第14回みうらじゅん賞を受賞!

ここからなのか、わからないのですが、
前野健太さんは、
2016年12月にみうらじゅん原作・安齋肇が初監督を務めた
映画『変態だ』で主演を務めました!

劇中では極寒の冬山で亀甲縛りなどの、
過激なシーンを体当たりで演技したそうです!

前野健太が大河ドラマ『いだてん』出演!役どころは?


前野健太さんが、
NHK大河ドラマいだてんに出演されます!

1964年東京オリンピックのシンボルマークを制作した、
日本のデザイン界を代表するグラフィックデザイナー
亀倉雄策(かめくら・ゆうさく)
を前野健太さんは演じるそうです!

デザイナーの役なんですね!
なんだか前野健太さんにピッタリな気がします♬︎♡

いだてんとは、
日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)、
ストックホルムオリンピックから、
幻となった東京オリンピック(1940年の予定が、戦争で返上)開催を決めた
1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックを挟み、
1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの
52年間の歴史を章立てに分けドラマ化。

日本人初のオリンピック選手となった金栗四三と、
東京オリンピック招致に尽力した田畑政治の
2人の主人公をリレー形式で描く。

金栗四三(かなくり しそう)役を、
中村官九郎(なかむらかんくろう)さん。

田畑政次(たばたまさじ)役を
阿部サダヲさんが演じています( ˆ ˆ )/♡

前野健太新曲『サクラ』やライブ情報!

サクラ

新品価格
¥2,267から
(2019/10/10 16:32時点)


前野健太さんの最新アルバム「サクラ」は、
2019年4月17日にリリースされました。

オリジナルアルバムとしてはおよそ4年ぶり
6枚目のアルバムです。

A面
山に囲まれても
今の時代がいちばんいいよ
アマクサマンボ・ブギ
嵐~星での暮らし~
夏が洗い流したらまた
マイ・スウィート・リトル・ダンサー

B面
大通りのブルース
SHINJUKU AVENUE
虫のようなオッサン
人生って
いのちのきらめき
ロマンティックにいかせて
防波堤

タイトルが独特でカッコいいですよね。
あまり聞いたことがなかったので、
聞いてみたいと思います( ˆ ˆ )/♡

次のLIVEは、

2019.11.30(sat)
LIVE & EVENT
[デビュー12周年記念公演]

鶯谷・ダンスホール新世紀

にて、行われるそうです!

前野健太の気になる歌詞は?人気の歌詞は?

前野さんの楽曲は、
歌詞が丁寧で、ことばの一つひとつがすっと耳に入ってくるそうです。

インタビュアーが
詞を書くときに意識していることはありますか。

と質問したところ、

普段ものを見るときや誰かの歌を聴く時に、
心にひっかかってくる言葉があるかないかということが基準になっているので、
自分が歌をつくるときにも言葉の表情や見た目は気をつけているというか、
大事にしています。
あと僕は詩集がすごく好きで、
読んでいると本当に豊かな気持ちをもらえる。
だから自分も、
詩を読んでいるときのように
贅沢な感覚になれるものをつくっていきたいと思っています。

との事でした!!

詩集を読んでるんですね。
あの見た目からは少し想像出来ませんでした!

歌詞が丁寧で言葉がすっと耳に入ってくる…
ますます前野健太さんの曲を聞いてみたくなりました( ˆ ˆ )/♡

コメント