スポンサーリンク

高島咲季世界陸上2019!高校生で世界へ!心がけは?

アスリート
スポンサーリンク

高島咲季(たかしまさき)さんと言う
陸上選手をご存知ですか?

世界陸上競技選手権大会に最年少の17歳で選ばれ
話題になった女子高生です!

そんな高島さきさんについて経歴や心がけ、
記録など、調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

高島咲季プロフィール

・名前
高島咲季(たかしまさき)・生年月日
2002年2月18日
17歳(2019年時点)・出身地
神奈川県

・出身校
秋葉台中卒。

・高校
相洋高校 在学中

・身長
160センチ

・体重
47キロ

・好きな食べ物
パスタ、うどん などの麺類

・リラックス方法
レース直前に座って目をつぶり、
良いときの走りを頭の中でイメージ

・好きな教科
社会などの暗記もの

・苦手な教科
英語

・オフの日の過ごし方
本好きの父の影響で、
本棚をあさって少し読む程度の本好き

高島さきさんは、

一つ年上の姉・菜都美さん(現中央大1年)の影響で
中学入学とともに陸上を始めたそうです。

3年次には、全国中学校大会出場。

その後、
相洋高校へ進学。
全国屈指の選手を育て続ける銭谷満顧問と出会います。

高校から400メートルを専門とし、
18年日本選手権5位。
高2で総体を制する。

3月の香港でのアジアユース選手権では、
金メダルを獲得。
4月の静岡国際陸上ではU18 日本新記録となる
53秒31をマークして優勝します。

順風満帆にみえる高島さきさんですが、
実は入学直後はスランプに陥ったそうなんです。

監督から、
「お前、それじゃ県でも負けるだろうね」。
と厳しい言葉を言われ、
気持ちの入らない走りを見抜かれ
「このままじゃだめだ」とフォームを見直しました。

その後数々の大会で結果を残し、現在は
主将を務めているそうです。

高島咲季が世界陸上2019出場!高校生で世界へ!

9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、
カタールの首都ドーハで、
「第17回世界陸上競技選手権大会」が開催されます!

世界陸上競技選手権大会に、
高島 咲季さんは
日本選手最年少の高校三年生17歳で、

混合4×400mリレー日本代表に選出されました!

プレッシャーはあると思いますが、
いつも通り走り、
あの可愛い笑顔を見せてもらいたいです( ˆ ˆ )/♡

頑張ってください!!

高島咲季の高校総体での成績や心がけは?
高島さきさんが心がけていることは?
ずばり、

練習着をきちんと畳む。
いい加減にしがちな事を丁寧にやる。

これなんだそうです!

なんと言うか普通のことですね!(笑)

ですがちゃんと理由はあり、

インターハイ優勝をつかめたのは、
「中学までは何となくやっていた冬季練習を
(高校入学後は)一生懸命取り組んだ」からだと振り返る高島さきさん。

レベルの高い先輩たちと厳しいメニューをこなしただけでなく、
「練習以外の面で、他の人がいい加減にしがちな部分を丁寧にやる」
ことを心掛けたそうなんです。

「練習着をきれいに畳むなど、毎日の生活をきちんとする。
思い込みかもしれませんが、そういうことがレースで競ったときに僅差で勝つことにつながると信じています」

と語っていました。

確かに、一つ一つ日々いい加減にしがちな事を
丁寧にやるという事は
大事ですよね。

まだ高校生と若いのに
色々考え、偉いですね!!

高島咲季さんの高校での主な記録です。

去年夏の全国高校総体(インターハイ)では
2年生ながら400メートル優勝
1600メートルリレーでは、
チームの7年ぶりの優勝に貢献。

2019年、
沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われた、
全国高校総体(インターハイ)。
前回覇者の高島咲季選手は、女子400メートルに出場し、
53秒44で優勝しました!
この種目では史上5人目となる大会2連覇だそうです!

高島咲季の将来への期待と東京オリンピックへ


9月27日(金)にカタールで開幕した
ドーハ2019世界陸上競技選手権大会の
男女混合4×400mリレー日本代表に、
相洋高校3年の高島咲季さんは選ばれました。

日本選手団の中で高校生唯一の選出です。

将来が期待されてる選手と言うのがわかりますよね!

東京オリンピックも視野に入れてるという高島さきさん、
これからの活躍に期待です!

コメント