スポンサーリンク

新谷仁美世界陸上2019!結婚は?引退からの復帰!経歴と成績

アスリート
スポンサーリンク

新谷仁美(しんたにひとみ)さんと言う、
陸上選手をご存知ですか?

新谷仁美さんは、2014年に現役引退した
元マラソン選手なのですが、
4年ぶりに
現役復帰を発表した事により、
また注目されている選手です!!

新谷仁美選手とは一体どんな人物なのか
調べてみました!( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

新谷仁美プロフィール

・名前
新谷仁美(しんたにひとみ)・相性
にいやん・生年月日
1988年2月26日
31歳(2019年時点)

・出身地
岡山県総社市

・身長
166㎝
・体重
44㎏

・出身校
総社市立総社東中学校 卒業
興譲館高等学校 卒業

自己ベスト
1500m
4分22秒75(2005年)
3000m
9分08秒86(2005年)
5000m
15分10秒20(2012年)
10000m
30分56秒70(2013年)
ハーフマラソン
1時間11分41秒(2008年)
マラソン
2時間30分58秒(2009年)

新谷仁美選手はもう31歳なんですね!
引退した時は26歳…くらいですかね?

三十路を超えて復帰するとは、
流石です!!

新谷仁美が世界陸上2019出場!

9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、
カタールの首都ドーハで、
「第17回世界陸上競技選手権大会」が開催されます!
そんな世界陸上に、
新谷仁美選手は女子1万メートルに出場します!

メダル目指して頑張ってください( ˆ ˆ )/♡
日本から応援しています!

《追記》
世界陸上競技選手権大会
2019年9月28日(日本時間29日)
女子1万メートルに、
引退と復帰を経て6年ぶりに出場した新谷仁美選手。

しかし、
女子1万メートルの新谷仁美は3000メートルすぎから
先頭集団に離されてしまい、
終盤に順位を落として11位と言う結果に。

「メダルを取らなければ恥。ただただ日本の恥」
と吐き捨てるように言ったそうです。

6年ぶりの出場とあって気合いも入っていたでしょうし、
相当悔しかったんでしょうね…。

新谷仁美は結婚してるの?怪我の引退からの復帰!

新谷仁美選手は、

現役時代から『結婚』に強いこだわりがあったらしく、
バラエティー番組の、
『ジョブチューン』に出演した際には、
金メダルより彼氏が欲しい
世界陸上は婚活が理由で出ました

など面白すぎる発言をしていました(笑)
スタジオ大爆笑でしたよね(笑)

また番組内では勝手に彼氏募集をする
などやりたい放題で本当に面白かったです!

ですが、現在結婚したとの情報はなかったので、
まだ独身のようです。

美人で明るく面白い新谷仁美選手が結婚できないなんて、
もしかして理想が高いんですかね^^;

怪我から引退、そして復帰

新谷仁美選手は、
2012年に
『右足足底筋膜炎』と言う怪我をしてしまいました。

そして
2014年、その前の年世界陸上モスクワ大会女子10000mに
日本女子代表として出場し、結果は5位入賞。
「結果を出せないならプロ失格」として、
引退を発表していました。
新谷仁美選手の中では限界を感じていたのでしょうか。

しかしその4年後!
2018年6月9日日体大(健志台)長距離記録会で
4年間のブランクを経て、NIKE TOKYO TC所属で復帰しました!

復帰の理由は調べても分からなかったのですが、
またやりたくなったのか、
アスリートの血が騒いだのでしょうか!(´^∀^`)

新谷仁美の経歴と成績!
新谷仁美選手の主な経歴と成績です!

陸上競技関係者の間では、高橋尚子の再来と言われている
新谷仁美選手。

2005年(平成17年)晴れの国おかやま国体では
選手宣誓、
そして3000mにおいて会場総立ちの喝采を受けながらゴールし、
地元に唯一の優勝をもたらします。
さらに同年にはインターハイ3000m優勝。
世界ユース女子3000mで銅メダル。
タイムトライアルIN長崎5000mにおいて
当時の高校歴代2位にあたる15分28秒70を記録しました。

高校卒業後の
2006年4月に豊田自動織機(佐倉アスリートクラブ)女子陸上部に入部。

2007年2月、
記念すべき第1回東京マラソンで初マラソンに挑戦、
2時間31分01秒の記録で女子の部において初優勝

2008年8月、
2回目のマラソンは真夏の北海道マラソンに挑戦したが、
新谷と同じ小出門下生の佐伯由香里選手にに惜しくも敗れ、
2時間32分19秒の記録で女子の部2位となりました。

同年12月14日に第28回全日本実業団対抗女子駅伝が開催され、
豊田自動織機が初優勝を飾ります。

2012年(平成24年)1月に行われた、
第30回都道府県対抗女子駅伝において
10kmのアンカー区間を32分06秒の区間賞で好走。
しかし、
3位に終わりました。

同年6月10日、
第96回日本選手権女子5000mに出場し、
15分17秒92の記録で優勝。

この時ロンドンオリンピック出場が決定。

同年8月5日に出場した、
ロンドンオリンピック女子10000m、
日本女子歴代3位の好タイムをマークして9位に。
2日後の8月7日、同五輪女子5000mでは
全体18位で決勝進出には及ばなかったのですが、
日本女子歴代7位となる15分10秒20の自己記録をマークしました。

その後、怪我などから1度引退
しかし218年復帰

復帰後、
2019年1月に、
全国都道府県対抗女子駅伝に出走。
東京のアンカーとして最終9区(10キロ)を出走。
圧巻の7人抜きを演じ31分06秒の区間賞を獲得しました!

2019年4月
ドーハアジア選手権10000mに出場。
31分22秒63で銀メダルを獲得。

新谷仁美選手は、書ききれないほど
沢山の大会に出場し、結果を残してきています。

東京オリンピックも視野に入れているそうなので、
アラサーの星として、
頑張ってもらいたいです!!

コメント