スポンサーリンク

山ノ内みなみ世界陸上2019!高身長から規格外の走り!経歴や成績?

アスリート
スポンサーリンク

山ノ内みなみ(やまのうちみなみ)選手と言う
陸上選手をご存知ですか?

彼女はよく『遅咲き』と言われます。

何故なのか?
そういう所もふくめ、
今注目されている山ノ内みなみ選手について
調べてみました!( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

山ノ内みなみプロフィール

・生年月日
1992年12月21日
26歳(2019年時点)・出身地
福島県・出身校
郡山萌世高校

・身長
171cm

・陸上を始めたきっかけ
小学校の時に出場したマラソン大会が楽しかったから

・好きな食べ物
甘辛いもの、サーモン、コーヒー

・趣味
温泉巡り、喫茶店巡り

・尊敬する人 新谷仁美選手

中学時代に
800メートルで全国大会に出場しながら、
高校は陸上部のない通信制に進学した山ノ内みなみ選手。
山道を走るトレイルランや、
100キロ以上のウルトラマラソンを自由に楽しんでいたそうです。

彼女が何故
遅咲き、など言われるかと言うと
実業団入りしたのが、陸上選手では年齢的に中堅となる25歳だったからなのです。

実は山ノ内みなみ選手は、ずっと市民ランナーでした。

市民ランナーというのは、
「実業団に所属したり、専門的なトレーニングを受けたりしないで、
趣味でマラソンや駅伝などを楽しむランナー」
のことを言います。

詳しいことは下に書きました( ˆ ˆ )/♡

山ノ内みなみが世界陸上2019出場!

9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、
カタールの首都ドーハで、
「第17回世界陸上競技選手権大会」が開催されます!
そんな世界陸上に、
山ノ内みなみ選手は、
女子1万メートルに出場します!

メダル目指して頑張ってください!
日本から応援していきたいと思います( ˆ ˆ )/♡

《追記》
山ノ内みなみ選手は、19位と言う結果でした。
残念だとは思いますが、
まだまだこれから、東京オリンピック目指して
頑張ってもらいたいです!!

山ノ内みなみの高身長から規格外の走り方!

24歳で実業団に入った山ノ内みなみ選手。
普通の選手と比べるとかなり遅いスタートとなってしまい、
焦って練習してしまった山ノ内みなみ選手は、
実業団に入部してまもなく故障をしてしまいました…。

結局、練習を再開できたのは約半年後の
2018年の1月くらいからだったそうです。

しかし!!

陸上競技の主要大会である
2018年4月に行われた織田記念陸上の5000Mで
なんといきなりの日本人トップの4位でゴールをした
山ノ内みなみ選手。
171cmという長身を生かしたダイナミックな走りで
他の実業団選手との距離をどんどん縮めて行きました。

それを見ていた佐藤監督は、
正直規格外だ」と目を丸くしていたそうです(笑)

山ノ内みなみの経歴や成績?

中学時代に800メートルで全国大会に出場しながら、
山ノ内みなみ選手は通信制の高校に進学します。

はインターハイなどの大会には
出場していませんが、

2012年に全国高校定時制通信制大会に出場し、

800mと3000mで優勝しています。

この成績で高校卒業時に実業団から
の誘いを受けます。
しかし厳しい練習は嫌ということで
市民ランナーの道を選びます。

マイペース?な方なのですね笑

しかしその後実業団入りするきっかけは、
佐藤敦司選手の引退だったそうです。

彼が引退して実業団の強豪「京セラ」の
女子監督をするというニュースを見て、
山ノ内みなみ選手は
佐藤監督に対し「入部したい」との旨を書いた手紙を送ります。

一度は断られてしまいますが、
何度も何度も頼み、
佐藤監督からその根性が認められて
入部することになりました!

その出来事が2017年の夏です。
しかしその後怪我でまともに練習ができず…

2018年2月に本格的な練習をスタート。

4月の織田記念女子5000mで
15分21秒31の自己ベストを更新。

日本選手権では3位に。

8月、
ジャカルタ・アジア大会5000mの日本代表にも
選ばれました。

自己記録

3000m
8分57秒02 2018年
5000m
15分21秒31 2018年
10000m
31分16秒48 2018年
10km
33分18秒 2018年
ハーフマラソン
1時間10分44秒 2018年

遅咲きの山ノ内みなみ選手!
これからも規格外の活躍で、
現在26歳ですが、
若い選手に負けず東京オリンピック目指して
頑張って下さい!( ˆ ˆ )/♡

コメント