スポンサーリンク

北口榛花世界陸上2019出場!やり投げ新記録出るか?高校・大学はどこ?

アスリート
スポンサーリンク

北口榛花(きたぐちはるか)さんと言う、
陸上選手をご存知ですか?

女子やり投げ日本記録を持つ選手です!

世界陸上競技選手権大会に選出されたり、
東京オリンピックも代表選手候補に上がるなど、
何かと話題の北口榛花選手について
調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

北口榛花プロフィール

・名前
北口榛花(きたぐちはるか)・専門種目
やり投・砲丸投

・生年月日
1998年3月16日
21歳(2019年10月時点)

・出身地
北海道旭川市

・身長
179cm
・体重
86kg

大きいですね~!!
あと少しで180センチです!
やり投げは大きい方多いですもんね!

北口榛花選手は、
小学生の時から、バトミントンや水泳など
様々なスポーツをやっていたそうです。

そして高校生になってからやり投げは始めたそうです!

北口榛花が世界陸上2019出場!やり投げ新記録出るか


9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、
カタールの首都ドーハで、
「第17回世界陸上競技選手権大会」が開催されています!

北口榛花さんは、女子やり投げとして、
日本代表に選出されました。

結果はと言うと……

世界陸上競技選手権大会、第4日(30日、ドーハ)
女子やり投げ予選が行われ、
日本記録保持者の北口榛花(日大)は、

60メートル84の、
全体13位で決勝進出を逃してしまいました…。

北口榛花選手は、
「悔しいです。もう1メートルほしかった」
と悔しそうに答えていたそうです。

その後の自身のTwitterで、
たくさんのコメント、メッセージありがとうございます。全て読んでいます。本当に悔しい結果になってしまいましたが、これからも頑張るので、応援よろしくお願いします。

と投稿していました。

残念でしたね…
北口榛花選手は、
世界陸上競技選手権大会に向けて
海を渡り、2月にも単身でチェコを中心に、約3カ月欧州に滞在。
「技術的なことはあまり変えていないけど、
筋力アップや走力アップを中心に取り組んできました」
とのこと。
世界記録保持者のバルボラ・シュポタコバ(チェコ)らがいる、
レベルの高い環境に身を置いたことで、
「チームメートもいろいろな記録を目指して頑張っている。
『私も頑張らなくちゃ』という気持ちになった」と、
常に刺激を受けながら練習を重ねていたそうです。

ここまで頑張っていたなら
本当に悔しいでしょうね、この悔しさをバネに

東京オリンピック目指して頑張ってほしいです( ˆ ˆ )/♡

北口榛花の出身高校・大学はどこ?両親は?

小学校時代からバドミントン・水泳の様々な大会に出場していた北口榛花選手は、
旭川東高校進学とともにクラブ顧問の松橋昌巳(現北翔大学コーチ)に
誘われて陸上競技を始めます。

2016年4月、
日本大学スポーツ科学部競技スポーツ学科に入学。

同年5月8日のゴールデングランプリ川崎(川崎市 等々力陸上競技場)では、
日本歴代2位となる61m38を記録して
3位になります。
2017年9月
第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(福井運動公園陸上競技場)では、
60m49を投げて、大会新記録をマークして優勝しました!

2019年5月
第6回木南道孝記念陸上競技大会(ヤンマースタジアム長居)では、
5投目には海老原有希が保持していた63m80を50cmもオーバーする
日本新記録・アジア歴代5位となる64m36を投げて優勝します。

ここまで大きな記録を出し続ける北口選手の
ご両親も何かの選手なのかな?
と思い調べると、

なんとお父さんはパティシエでした!
これはこれでビックリ!

ですが、お母さんが
バスケの指導者をしていたことがあるようです。
北口選手の背が高いのは
お母さん譲りなんですかね( ˆ ˆ )/♡

ちなみにお母さんの名前は『のりこ』さんと言うそうです!

そんな北口榛花選手、
来春からJALに入社することに決まりました!

オリンピック代表候補にもなっているようなので、
これからも北口榛花選手の活躍から
目が離せません!

コメント