スポンサーリンク

高柳彬セーリング!東京オリンピックでメダル獲得なるか?高校大学は?

アスリート
スポンサーリンク

高柳彬(たかやなぎあきら)さんと言う
男性をご存知ですか?

日本男子セーリング470キロの級の選手です!

セーリングはまだ日本では馴染みがないと思うので、
ルールなどわからない方も多いと思います。

セーリング、あるいは帆走(はんそう)とは、
帆の表面を流れる風によって生ずる
揚力を主な動力として、
風や並の力を読みながら
水上を滑走し
ゴールを競う競技
だそうです。

470キロ級は、
全長470cmの「ディンギー」という
2人乗りの小型のヨットを操ることから
「470級」(ヨンナナマル級)と
呼ばれるセーリング競技です。

メインセールと舵取りを担当する「スキッパー」
船の傾き調整とジブセールの操作を担当する「クルー」
の2人で、
海面に設置されたブイを定められた順番に
決まった回数をまわり、ゴールし順位を競います。

2人の体力、息の合ったクルーワーク、
テクニック、そして風、波、潮を読む頭脳プレーが
必要な競技だそうです。

スキッパーの体重は60kg前後、
クルーは65~75kg、
合計130kg前後が最適といわれており、
数あるヨット競技の中でも
欧米人に比べ小柄な日本人の体格に
最も適した種目といわれているそうです!

テレビでもあまりやっている
イメージがないので
全く知識がなかったのですが、
ルールを理解すると面白そうですね!

そんなセーリング選手の
高柳彬選手について調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

高柳彬はセーリングで東京オリンピックでメダル獲得なるか?


高柳彬選手は、
磯崎哲也(いそざきてつや)選手と2016年にペアを結成。
磯崎選手が「スキッパー」をつとめ、
大学の後輩でもある高柳選手がヨットの前に乗り、
ほかの帆を操ります。

お二人は、
2018年の世界選手権は銀メダルを獲得しています。

アジア大会・470級では、
優勝を争った中国ペアを引き離し、優勝しています!

高い競技力を持つ日本代表選手を集めた
NATIONAL TEAM に選ばれていたり
国際大会でもメダルを獲得している事から、

高柳彬選手がオリンピックに選出されれば
メダルを獲得する可能性は
大いにあると思います!!

メダル目指して
頑張って貰いたいです!(^^)

高柳彬の出身高校・大学は?プロフィールから紹介

高柳彬選手のプロフィールです!

・名前
高柳彬(たかやなぎあきら)・生年月日
1996年8月21日・年齢
23歳(2019ねん10月現在)

・出身地
石川県鹿島郡

・所属
エス・ピー・ネットワーク

・出身校
石川県立羽咋(はくい)工業高校
日本経済大学経済学科(福岡キャンパス)

高柳彬選手の出身校である羽咋工業高校は、
近くに海も川もあり練習環境としては
抜群に良い高校だったそうです。

セーリング部はなく、ヨット部があり、
恐らくヨット部に所属していたのでは
ないかと思います。

420級(男・女)FJ級(男・女)で
インターハイに出場している
強豪校です!

日本経済大学のヨット部も
強豪校として有名な大学の一つです。

高柳彬選手は、
国際大会でも好成績を収め
東京オリンピックではメダル争いもできる選手です!

メダル獲得して欲しいですね~!!

これからも高柳彬選手から目が離せません( ˆ ˆ )/♡

コメント