スポンサーリンク

外薗潤平セーリング!東京オリンピックでメダル獲得なるか?高校大学は?

アスリート
スポンサーリンク

外薗潤平(ほかぞのじゅんぺい)選手と言う
セーリング選手をご存知ですか?

JR九州に入社し、
駅員や車掌を務めるなど、
他のスポーツ選手にはない
経歴を持っている方なんです!

セーリングは日本ではあまり
馴染みがないスポーツですよね。

私自身あまりルールを知らないので
軽く調べてみました(^^)

セーリングとは、
帆の表面を流れる風によって生ずる
揚力を主な動力として、
風や並の力を読みながら
水上を滑走し
ゴールを競う競技
だそうです。

外薗潤平選手の専門の
470キロ級は、
全長470cmの「ディンギー」という
2人乗りの小型のヨットを操ることから
「470級」(ヨンナナマル級)と
呼ばれるセーリング競技です。

メインセールと舵取りを担当する「スキッパー」
船の傾き調整とジブセールの操作を担当する「クルー」
の2人で、
海面に設置されたブイを定められた順番に
決まった回数をまわり、ゴールし順位を競います。

2人の体力、息の合ったクルーワーク、
テクニック、そして風、波、潮を読む頭脳プレーが
必要な競技だそうです。

スキッパーの体重は60kg前後、
クルーは65~75kg、
合計130kg前後が最適といわれており、
数あるヨット競技の中でも
欧米人に比べ小柄な日本人の体格に
最も適した種目といわれているそうです!

実際この470キロ級では
日本の選手も多くメダルを獲得されているそうです!

そんなセーリング選手である
そんな外薗潤平さんについて、調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

外薗潤平プロフィール

・名前
外薗潤平(ほかぞのじゅんぺい)・生年月日
1991/03/20
28歳(2019年10月時点)

・身長
174cm

・体重
73kg

・所属
JR九州

外薗選手はもともと、
小学3年から6年まで、
相撲にやっていたそうなんです。

中学では「好きな女の子がいたから」という理由で(笑)、
陸上長距離に打ち込み、
高校でヨット部を選んだのも
「好きな釣りができるという軽い気持ちから入った」
そうなんです(笑)

ですが、
エンジンなしで、風の力だけで、
波しぶきを受けながら海を走る
セーリングの奥深さのとりこになっていった
そうです(^^)

現在ペアを組むのは、
トヨタ自動車東日本株式会社所属の
岡田 奎樹 さんです。

外薗潤平はセーリングで東京オリンピックでメダル獲得なるか?

外薗潤平選手は、
2020年東京オリンピックのセーリング男子の470級で、
代表に内定しました!!

JR九州本社で記者会見では、
「九州代表として、九州男児らしく熱いハートでやりたい」
と抱負を語り、
メダルの色には「1番。金メダルがいいです」
と優勝宣言しました!

オリンピック内定おめでとうございます(^^)!

外薗潤平の出身高校・大学は?金メダルに近いJR車掌


外薗潤平選手の出身校は、
高校は鹿児島商業
大学は、日本経済大学 経済学部。

大学卒業後、
2013年にJR九州に入社し、
約3年、福岡の新飯塚駅駅員、
長崎本線や佐世保線などを走る電車の車掌を務めていたそうです。

スポーツの特待ではなく、
一般と同じ、若手社員として勤務を始めます。

仕事の傍ら、
体力を維持するため筋肉トレーニングは続けていたそうです。

そんな外薗選手は、
2015年末、
ナショナルチームの選考レースに合格したことで、
長崎支社の総務企画課に配属となり、
会社業務は行わず、
競技に専念できるようになりました!

外薗潤平選手の主な戦歴は、
2017年
470級全日本優勝

2018年
470級全日本優勝
年世界選手権6位
ワールドカップシリーズ江の島大会(日本・江の島)
470級男子 1位

外薗潤平選手は、
国内の大会だけではなく
数多くの国際大会に出場し、
メダルを獲得している選手です。

現在日本セーリング選手で、
金メダルに1番近い選手
と言われているそうです!

東京オリンピックで
金メダル獲得して欲しいですねー( ˆ ˆ )!!

これからも、
外薗潤平選手の活躍から目が離せません!

コメント