スポンサーリンク

吉岡美帆セーリング!東京オリンピック内定!大学・経歴とプロフィール

アスリート
スポンサーリンク

吉岡美帆さんという方を
ご存知ですか??

リオデジャネイロオリンピックで
セーリング470キロ級5位に入賞した
セーリング選手です!

そもそも、日本ではあまり馴染みがない
ですよね。
私自身あまりルールを知らないので、
軽くですが調べてみました。

帆の表面を流れる風によって生ずる
揚力を主な動力として、
風や並の力を読みながら
水上を滑走しゴールを競う競技
だそうです。

470キロ級は、
全長470cmの「ディンギー」という
2人乗りの小型のヨットを操ることから
「470級」(ヨンナナマル級)と
呼ばれるセーリング競技です。

メインセールと舵取りを担当する「スキッパー」
船の傾き調整とジブセールの操作を担当する「クルー」
の2人で、
海面に設置されたブイを定められた順番に
決まった回数をまわり、ゴールし順位を競います。

2人の体力、息の合ったクルーワーク、
テクニック、そして風、波、潮を読む頭脳プレーが
必要な競技だそうです。

スキッパーの体重は60kg前後、
クルーは65~75kg、
合計130kg前後が最適といわれており、
数あるヨット競技の中でも
欧米人に比べ小柄な日本人の体格に
最も適した種目といわれているそうです

スポンサーリンク

吉岡美帆はセーリングで東京オリンピック内定!

2019年9月8日
セーリングの470級世界選手権が、
神奈川・江の島ヨットハーバーで行われ、
女子の吉田愛・吉岡美帆組が銀メダルを獲得しました!

この大会は、
3位以内に入った2人は日本セーリング連盟の規定で、
2020年東京オリンピックの代表に内定すると
言う大会だったので、
吉田美帆選手は、
東京オリンピック内定しました!!

2人は16年リオ五輪で5位に入賞しており、
吉田美帆選手は2度目のオリンピックです!

次こそはメダル獲得して欲しいですねー!(^^)

吉岡美帆の出身大学・経歴とプロフィール

吉田美帆選手のプロフィールです。

生年月日
1990年8月27日
28歳(2019年10月時点)

出身地
神奈川県藤岡市

身長
177㎝

体重
68㎏

出身校
芦屋高等学校
立命館大学

所属
株式会社ベネッセホールディングス

吉岡美帆選手がセーリングを始めたきっかけは、

高校入学前までバレーボールをやっていた吉岡美帆選手。
高校から何か新しいことにチャレンジしたいと思い、
たまたま高校にヨット部があったので入部したそうです。

芦屋高校ヨット部は、
夏は週6日海に出て基本練習をし、
とても恵まれた環境で練習していたそうです!

高校卒業後は、立命館大学に入学します。

立命館大学ヨット部は、
創部1946年、
これまでに3回、
全日本インカレ総合優勝を経験している、
伝統ある強豪校です。

吉岡美帆選手は、

大学を卒業したら、セーリングを辞めようとも
思っていたそうです。
でも、もっと上を目指したい、オリンピックを目指したい、
と思うようになるのと同時に、
憧れの先輩である吉田愛選手からペアに誘ってもらい
本格的にオリンピックを目指すようになりました。

また、吉田愛選手が言うには、
『私がやっているスキッパーは、
座って帆を操っているので、筋力や持久力が必要で、
身長はあまり関係ないのですが、
吉岡がやっているクルーは、
体を使って船のバランスを取ったりするので、
身長がそのまま効いてくるんです。
日本人の女の子で、身長が170㎝以上ある子は少ないですし、
背が高くてもほかの競技を選ぶんですけど、
吉岡は177cmでセーリングを選んでくれた貴重な存在です。
世界で戦うには、177cmっていうのは、大きな武器になります』

と、その身長でセーリングを選んでくれた事に
感謝していました( ˆ ˆ )/♡

吉田美帆選手の戦歴は、
2016年リオ・オリンピック5位
2017年W杯蒲郡大会2位
2018年アジア競技大会1位
2018年世界選手権1位

輝かしい戦歴ですね~( ˆ ˆ )/♡

2度目のオリンピック、
メダル目指して頑張って貰いたいです!!

コメント