スポンサーリンク

宮城大弥興南高校ドラフト!ダルビッシュ絶賛!中学や家族は?

アスリート
スポンサーリンク

宮城大弥(みやぎひろや)さんは、
沖縄の名門である、興南高校のエースです!
今年のドラフトでも大注目の選手です。

そんな宮城さんについて、
調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

宮城大弥プロフィール

・名前
宮城大弥(みやぎ ひろや)・出身地
沖縄県宜野湾市・生年月日
2001年8月25日
18歳(019年10月時点)

・身長
171cm

・体重
78kg

・投打
左投左打

・ポジション
投手

中学3年生の時には日の丸を背負い、
U-15の日本代表選手に選ばれています。

その後、
興南高校に進学します。

興南高校といえば沖縄の野球超名門校で、
実力があれば下級生でも試合に出していくのが伝統的で、
宮城はんも1年生の春からベンチ入りを果たします。

夏の大会でもベンチ入りを果たした宮城大弥は、
夏の県大会で全6試合に登板し
防御率0.40という驚異的な成績を残します。

13奪三振、無四球完投を記録。

チームの甲子園出場に大きく貢献しました!

しかし…
甲子園の初戦で先発を任された宮城さん

初戦の相手は名門智弁和歌山でした。
3回まで無失点とするものの、
4回に2失点をすると
5回にはツーランホームランを浴びて降板します。

その後のリリーフ陣も崩れ興南高校は初戦敗退となり、
宮城さんの甲子園デビューは、
苦いデビューとなってしまいました。

宮城大弥が興南高校出身で2019ドラフト!ダルビッシュが絶賛したわけ?

最速149キロの直球に、スライダー、カーブなど
多彩な変化球を武器に3年夏の沖縄大会での投球を見た
ダルビッシュ有投手(カブス)が、
Twitterで
興南の宮城投手いいわぁ。投げ方、球筋、総合的に好きすぎる。
俺あんなピッチャーになりたかったわぁ。
と大絶賛したんです!!

メジャーリーグで活躍するピッチャーから
そんな褒められるなんて、
宮城さんの凄さが分かりますよね。

そんな宮城さんは、
2019年10月17日
グランドプリンスホテル新高輪で行われた
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD
で、オリックスから外れ外れ1位で
指名されました!

オリックスは、
今年もパ・リーグ最下位と
残念な結果だったチームなのですが、

山本由伸選手や、山岡泰輔選手、
増井浩俊選手など、超一流のピッチャーがいるチームです。

宮城さんも、この中に加わり
活躍されるのを楽しみにしています!

宮城大弥の出身中学や家族は?貧困だった?

宮城さんは、
4歳で野球を始め、
宜野湾市志真志小学校の時は
志真志ドラゴンズに所属し、

宜野湾市立嘉数中学校に通っていた頃は、
宜野湾ポニーズに所属し、
その後、興南高校に進学しました。

高校1年生の時に既にベンチ入りし、
そして2年連続で甲子園出場、
さらには2度の日本代表選出
一流の選手ですね!

そんな宮城さん、
お金のかかる野球をやるには、
かなり貧困の家庭で育っただったそうなんです。

小学生の時に買ってもらったグローブは、
700円のおもちゃグローブ(ビニール製)だったり

お湯カレー(ルーとお湯で作った)の日があったり

水が止まってしまったり、
継ぎはぎだらけのユニフォームとか…
エピソードだけでも貧困さが伝わりますよね。

何故そんな貧困だったかと言うと、
父親が交通事故で後遺症を残すような大けがを負い、
左腕が不自由で定職に就くことが出来なかった
からなんだそうです…。

ですが、
それでも野球を続けられたのは
家族や兄弟の支えがあったからなんだとか。

プロ野球選手になり、
親に恩返しが出来ると
宮城さんは言っています。

本当にいい子ですね…(´;ω;`)

宮城大弥の投手としての期待度は?


「将来性のある素晴らしい投手を取れた。
直球とスライダーがいいと聞いている。
まずは競争。どうやって育てていくか考えないといけない。
最初から臆せずに気楽にやったらいいと思います」
とオリックスの西村監督は語っていました!

将来性のある素晴らしい投手…
かなり期待しているのがわかりますね!

オリックスでの活躍、
楽しみですね!( ˆ ˆ )/♡

コメント