スポンサーリンク

森敬斗桐蔭学園ドラフト!イケメンショートの成績や経歴!

アスリート
スポンサーリンク

森敬斗(もりけいと)さんは、
走攻守すべてが揃った桐蔭学園の選手です!
森敬斗さんと言えば、
2018年秋の関東大会でサヨナラ満塁本塁打を打って
一躍プロ注目の選手になりました。

そんな森敬斗さんについて調べてみました( ˆ ˆ )/♡

スポンサーリンク

森敬斗が桐蔭学園高校からドラフト!進学はあり得る?能力の凄さが評価

50メートル5秒8、
遠投120メートルの運動能力の高さを誇る森敬斗さんは、
昨年大阪桐蔭高校在学中から、
プロ大注目だった根尾選手に匹敵する素質を持っている
とスカウトから評されていました。

そんな森敬斗さんは、
2019年10月17日
グランドプリンスホテル新高輪で行われた
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDで、
DeNAが単独で1位指名し交渉権を確定しました。

森敬斗さんは、
卒業後の進路については、
「本当に悩んでいます」
と進学を含めてかなり悩んでいたそうなのですが、
プロ挑戦を決意。
そして1位指名を受けたので進学はありえないですよね。

目標とする選手は同校OBでもあるロッテの鈴木大地選手
だそうです(^^)

森敬斗イケメンショートの成績や経歴!

森敬斗さんと言えば、
身体能力の他にあの甘いルックスもかなり話題に
なってました。
プロ野球選手になったら今よりもかなり人気が
上がるんでしょうね!(^^)

そんな森敬斗さんの成績や経歴です。

森敬斗プロフィール

・名前
森敬斗(もり けいと)・出身地
静岡県静岡市

・生年月日
2001年1月28日
17歳(2019年10月時点)

・身長175cm

・体重68kg

・投打
右投左打

・ポジション
ショート

経歴
小学3年の頃、
地元の軟式野球チームに入り野球を始めました。
静岡市立藁科中学校に通っている時は
島田ボーイズに所属し、
中学三年生の時には、
静岡の選抜メンバーに選ばれ台湾に遠征するほどの
実力だったそうです。

その後、
桐蔭学園に進学すると
一年生の夏には公式戦出場を果たしました。

名門桐蔭学園で1年からレギュラーになると言う事は
それだけで凄い選手と言うのがわかりますね!
しかも神奈川県は高校の数も桁違いな激戦区です。
森敬斗さんの期待値も高かったのでしょうね。

1年の秋には背番号6をつけ、
チームの中軸を担います。

そして2年の夏には、
3番を打ち打率.526の打点6を記録し大活躍!

チームベスト8に貢献しました。

3年生が引退し新チームでは、
森敬斗さんは、主将になります。

そして迎えた秋季大会。
そこで森敬斗は一躍話題となります。

神奈川大会で準優勝すると、
続く関東大会の1回戦での常総学院戦で、
2点リードされた9回2死満塁のチャンスで
サヨナラ満塁ホームランを放ち見事1回戦を勝ち抜きます!

その勢いのまま関東大会を優勝しました。

3年生春のセンバツでは、
初戦で猛打賞を記録するもチームは敗戦してしまいます。
そして、夏の甲子園は逃してしまいました。

しかし、
高い実力が評価されU18日本代表に選出されます。

一番打者として出塁率.500、
2盗塁と一番打者としての役割を果たします。

守備面でも、普段はショートなのですが、
この時はセンターで出場だったのですが
慣れない外野手もそつなくこなしました。

高い野球センスがわかりますね~!

森敬斗さんの成績。
甲子園
1試合、打率.750、0本塁打、1打点、1三振、0四死球、0盗塁

2018年秋季関東大会
4試合、打率.412、本塁打3、打点12、1三振、2四死球、盗塁3

2019夏予選
4試合、打率.250、0本塁打、1打点、1三振、出塁率.368、1盗塁

U18日本代表
8試合、打率.320、0本塁打、1打点、3三振、出塁率.500、2盗塁

打率、出塁率が素晴らしいですね!!
これはプロ大注目になるのもわかりますね。

走攻守全てを兼ね備えた森敬斗さん、
プロでの活躍も期待ですね!!

山田哲人さんのようなトリプルスリーなんかも
取れたり…
夢は膨らみますね(^^)

コメント