スポンサーリンク

及川雅貴横浜高ドラフト!菊池雄星を超える?イップス疑惑?

アスリート
スポンサーリンク

及川雅貴さんは、
未完の大器と呼ばれる
どこか脆さもあるが、
「左の本格派」の
横浜高校のピッチャーです!

佐々木、奥川、西と、
高校『四天王』とも呼ばれています!

2019年10月17日
グランドプリンスホテル新高輪で行われた
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDで、
阪神から3位指名を受けました。

別室で指名を確認した及川雅貴さんは、
会見場に入ると、待ち受ける報道陣を前に
「率直にほっとして、うれしい気持ちです。
ようやくスタートラインに立てたのかなという気持ちです」
と語りました。
阪神の印象については、
「指導者も含め、選手の雰囲気もいい。
早くなじんでいければと思います」
と語りました。

そんな及川雅貴さんについて、
経歴や噂を調べてみました(^^)

スポンサーリンク

及川雅貴が横浜高出身でドラフト!菊池雄星を超えると噂が!イップス疑惑だって?

及川雅貴さんは、
左腕から繰り出されるストレートの最速は153キロ。
切れ味鋭いスライダーとのコンビネーションを武器に
三振の山を築く、いわゆる「左の本格派」としてのポテンシャル高さは、
元埼玉西武ライオンズに所属し、
現シアトル・マリナーズの菊池雄星さんを
引き合いに出されることも多いんです!

高校生の時点でそこまで言われる及川雅貴さん、
菊池雄星選手を超えるのでは…との噂も…(^^)

しかし及川雅貴さんには、
イップスの噂もあるんです。

イップスとは、
精神的な原因により、思うようなプレーができないこと、
つまり本来の能力が発揮できないことを言います。

イップスなのでは?と言われ始めた原因の試合は、
春のセンバツ高校野球での試合での事。

及川雅貴さんは、
明豊高校との対戦で3回までに13得点を失点してしまいました。
この頃は、常に周りからは
プロ注目選手と注目されては、
ほかの選手と比較され、評価や評論をされていました。

きっとかなりのプレッシャーもあったに違いありません。

実際この大会では、
ライバルでもある、
星稜高校の奥川投手は
17三振完封勝利をあげています。

この事から、及川雅貴さんはイップスになってしまったのでは
と、言われ出したそうなんです。

ただ本人がたまたま調子が悪かっただけ…
とも思いたいですよね。

及川雅貴のプロフィールと成績&経歴

プロフィールと経歴です。

・名前
及川 雅貴(およかわ まさき)・出身地
千葉県匝瑳市・生年月日
2001年4月18日
18歳(2019年10月時点)

・身長183cm

・体重74kg

・投打
左投左打

・ポジション
投手

経歴

匝瑳市須賀小学校に通っていた頃は、
須賀スポーツ少年団に入り

匝瑳市立八日市場第二中学校の時は
匝瑳リトルシニアに入っていました。

その後、神奈川の名門校
横浜高校に入学します。

3年生から須賀スポーツ少年団で野球を始めた及川雅貴さん。
小学校6年生時には千葉ロッテマリーンズjrにも
選出されています。
小学生の時にはもう野球センスがあったのですね。

中学3年生時には、
U-15侍ジャパンに選出されています。

その際には、準優勝を経験しています。

横浜高校進学後は、
なんと超名門校であるにもかかわらず、
及川雅貴さんは1年生春からベンチ入りし、
県大会決勝では先発として起用されています。

夏の選手権予選で好投し、
甲子園出場に貢献。

甲子園でも1年生ながら速球で活躍し、
多くのスカウト陣から注目を浴びました。

2年生春の関東大会では150キロを記録し、
6月には152キロを記録しています。

2年生の夏の甲子園では先発。
勝利投手となりました。

最後の夏は、
県準々決勝でノーシードの相模原に敗れ
甲子園出場とはなりませんでした。
さらには「四天王」ではただ1人、
U18高校日本代表からも漏れてしまいます。

しかし、ほかの「四天王」同様に
プロの世界に入る及川雅貴さん。

早くプロで活躍されている姿を見たいですね(^^)!

コメント