スポンサーリンク

松岡洸希武蔵ヒートベアーズドラフト!成績と経歴!

アスリート
スポンサーリンク

松岡洸希さんは、
1年前までは、県立高校に通うどこにでもいる
野球部員でした。
その後、
独立リーグの武蔵ヒートベアーズに入団。
肘痛に襲われたり、コーチの勧めもあり、
肘にかかる負担をするためにサイドスローで投げてみたそう。

参考にしたのは、
東京ヤクルトスワローズで抑えとして活躍した
イム・チャンヨン(林昌勇)投手。

「イム投法」を身につけた松岡投手は、
球速も149キロまで伸びた。
高卒1年目でサイドスローに転向して半年。
NPB10球団から調査書が届いたんだそうです!

普通の県立高校に通う選手から、
プロ大注目の選手にたった1年で変わりました。

ドラフトにかける意気込みは、

「こういう経験が初めてなので、
緊張やドキドキがあるんですけど、

ただ、別に今年プロにいけなくても僕今19歳で、
(独立リーグ)2年目、3年目もあるので…
ドラフトにかからなくてもしょうがないかなという気持ちで待てば、
選ばれた時にすごい嬉しいかなと(笑)」

とちょっと消極的な感じで、
笑わせていました(笑)

スポンサーリンク

松岡洸希が武蔵ヒートベアーズからドラフト!桶川西高ではノーマーク選手

そんな県立桶川西高校時代は、
プロノーマークだった
松岡洸希さんは、
2019年10月17日
グランドプリンスホテル新高輪で行われた
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDで、
埼玉西武ライオンズから、
3位指名を受けました!

辻監督は、
「松岡君は面白い。(元ヤクルトの)林昌勇(イム・チャンヨン)
みたいだと思った」。
渡辺久信GMも
「彼はまだ投手になって間もない。非常に魅力がある」
と評しました!

まさかの3位上位指名に
「心の準備できていなかかった。3位とは。プロに行けで嬉しい」
と喜びを爆発させていました!

ドラフト前は、
別に今年プロにいけなくても僕今19歳で、
(独立リーグ)2年目、3年目もあるので…
ドラフトにかからなくてもしょうがないかなという気持ちで待てば、
選ばれた時にすごい嬉しいかなと(笑)

と語ってましたもんね(笑)

西武ライオンズは、
辻政権になってから2年連続リーグ優勝、
山賊打線と言われ
とにかく打線が強く、
12球団1の得点力があるチームですが
得失点も、12球団1で、
ピッチャー不足のチームです。

その中で、松岡洸希さんが救世主として
活躍してくれるのを楽しみにしています!!

松岡洸希のドラフト指名されるまでの成績と経歴!

松岡洸希さんのプロフィールや経歴です。

・名前
松岡洸希(まつおか こうき)

・出身地
埼玉県桶川市

・生年月日
2000年8月31日
19歳(2019年10月時点)

・身長179cm

・体重83kg

・投打
右投右打

・ポジション
投手

経歴

「神宮球場で東京ヤクルトの青木宣親選手が
活躍してるのを見て格好良かった」と感じ、
小学校1年生の時から野球をはじめます。

中学校の時は内野手としてプレー。

当時松岡洸希さんは、身長は154cmと小柄で
高校は、
「家から近く、兄も通っていた」
「レギュラーになれないと思ったので、
強豪校に行きたいとは考えなかった」
という理由から、
埼玉県立桶川西高等学校に進みます。

高校では、
1年生からベンチ入りし、サードのレギュラーとなります。

2年生になると、
ショートも守り4番を打ちます。

2年生秋は、
部員が11人と少ない中、
北部地区予選を勝ち上がり、県大会に出場しました。

松岡洸希は高校3年生から投手になりました。

県大会2回戦が最高成績で
甲子園出場はありませんでした。

しかし、サード、ショート、ピッチャーと
どこでも出来るそのずば抜けた野球センスは
プロからも注目されており、
夏の大会後もトレーニングを続け、プロ志望届も出しています。

しかし、ドラフトで指名されませんでした…>_<…

因みに、高校入学時は154cmだった身長も、 その頃には179cmまで伸びました!

高校で24センチも伸びるなんて 凄いですね!

あまり聞きませんよね(^^)

その後、 武蔵ヒートベアーズに入団後、 先に書きましたがサイドスローに転向しました。

独立リーグに入った理由は、 大学に行くと4年、社会人でも3年プロ入りまでかかる。

力をつけて早く行きたかった かららしいです。

積極的なのか消極的なのか、 不思議な性格ですよね(笑) ですが、ピッチャー不足の西武ライオンズで 一軍の試合に出場し活躍する松岡洸希さんの姿を 楽しみにしています(^^)!

コメント