スポンサーリンク

永野宗典G線上のあなたで庄野眞盛役ドラマのキーに!嫁はどんな人?

俳優
スポンサーリンク

永野宗典(ながのむねのり)さんは、
本広克行監督に、
「器用な役者」と評される、
たくさんのドラマや舞台に出演される俳優さんです。

そんな永野宗典さんについて、
調べてみました(^^)

スポンサーリンク

永野宗典が『G線上のあなたと私』で庄野眞盛役で出演!ドラマでは受付役としてキーに!


永野宗典さんが、
2019年10月15日にスタートした
TBS・火曜ドラマ
『G線上のあなたと私』
に出演されています。

長澤まさみさん主演で映画化もされた
「潔く柔く」や
「プリンシパル」

波瑠さん主演でドラマ化された
「あなたのことはそれほど」
など数多くのヒット作で知られる漫画家、
いくえみ綾先生の漫画が原作です。
単行本は全4巻。

あらすじ
寿退職間近、
婚約者から婚約を破棄されてしまった小暮也映子(こぐれ やえこ)
傷心の中立ち寄ったCDショップで流れていた「G線上のアリア」に心を奪われ、この曲を弾いてみたいと思い大人のバイオリン教室に入る。
そして大人のバイオリン教室で知り合った
男女の織り成す、世代を超えた友情や恋愛ものがたり!
…と、恋愛や大人の友情などがメインのドラマなのでしょうか。

主人公の小暮也映子を女優の波瑠さんが演じるそうです( ˆ ˆ )

その他の主要キャストに
兄の元婚約者でバイオリン講師の久住眞於を好きになり、ふたりの関係をつなぐ唯一の手段として眞於のバイオリン教室に通う。
無愛想だが憎めないタイプで、恋愛には不器用な加瀬理人(19)役に
中川大志さん。

姑と同居している主婦。
小学校5年の娘がひとりいる。
姑との関係がうまくいかず、
ストレス発散のために通い始めたバイオリン教室は
唯一の楽しみであり息抜きになっている
北河幸恵(きたがわゆきえ・46)役に松下由樹さん。

他には、滝沢カレンさんや、鈴木伸之さんが出演されています。

永野宗典さんは、
也映子(波瑠)たちが通うことになる
大人のバイオリン教室の受付を担当している
明るいおじちゃん「庄野眞盛」を演じています。

漫画では、
ここで繰り広げられるさまざまな人間模様を
暖かくにこやかに見守る穏やかなおじちゃんです(笑)

永野宗典の嫁はどんな人?プロフィールで紹介

永野宗典さんのプロフィールです。

・生年月日
1978年2月17日
41歳(2019年10月時点)・出身地
宮崎県宮崎市

身長 158cm
体重 50kg

・血液型
O型

・趣味
音楽鑑賞

永野宗典さんは、
お兄さんとお姉さんがいる3人兄妹の末っ子です。

生後まもなく両親は離婚し、
母親がスナックのママなどをしながら、
3人の子供を女手ひとつで育て上げたようです。

その後、
宮崎県立宮崎大宮高等学校に進学、
演劇とバンドをスタートし、
本格的に演劇の道に進み始めました。

1年浪人をした後
1997年に同志社大学神学部に入学

同志社大学に入学と同時に演劇サークル
「同志社小劇場」に入団します。

1999年に同志社小劇場内のプロジェクトとして
ヨーロッパ企画を立ち上げます。

2000年にはヨーロッパ企画として独立を果たしました。

そして、現在に至るまで、
数えきれないほど多くのドラマに出演し、
名バイプレイヤーになります!

そんな永野宗典さんは、
2013年7月にアパレル会社の会社員の女性と
結婚されています(^^)

10月には奈良ホテルで結婚式をしたそうです。

結婚式の様子は、
永野宗典さんが所属している
ヨーロッパ企画の公式サイトに掲載されてました。
ヨーロッパ企画総出での結婚式になったようですね(^^)

妻となったお相手の女性ですが、
公表していないので、
詳細はまったく分かりませんでした。
子どもの情報も特になかったです。

永野宗典の出演作品!

主な出演作品です。

ドラマ(多すぎるのでかなり厳選しました。)
2007年
ファースト・キス(ドラマデビュー作品)

2010年
医龍3

2012年
主に泣いてます 第7話

2014年
闇金ウシジマくん Season2

2017年
女囚セブン

2018年
大恋愛~ぼくを忘れる君と

2019年
家売るオンナの逆襲

映画
2005年
交渉人 真下正義
サマータイムマシン・ブルース

2009年
曲がれ!スプーン

2010年
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

2012年
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

2017年
本能寺ホテル

役柄によって、かなりイメージがかわるので、
カメレオン俳優でもありますよね。

これからも永野宗典さんの活動から
目が離せませんね( ˆ ˆ )/♡

G線上のあなたと私もとても楽しみです♡

コメント