スポンサーリンク

重定知佳パラアーチェリー東京パラリンピック内定!障害はいつから?

アスリート
スポンサーリンク

重定知佳(しげさだちか)さんは、

パラアーチェリーの選手です。

競技歴はまだ浅いそうなのですが、
かなりの実力者のようです!

そんな重定知佳さんについて、調べてみました(^^)

スポンサーリンク

重定知佳がパラアーチェリー東京パラリンピック内定!気になるメダルは何色が取れる?

 

東京パラリンピックアーチェリー日本代表に内定した
重定知佳さん!

そもそもパラアーチェリーとは?
アーチェリーという競技は、
離れた的に向かって矢を放ち、その得点を競い合う競技で、
リカーブと、コンパウンドという物があります。

使用する弓が、一般的なリカーブと
先端に滑車のついたコンパウンドの2種類 があります。

重定さんは、リカーブです。

ルールは一般のアーチェリー競技規則に準じていますが、
障がいの種類や程度に応じて一部ルールを変更したり、
用具を工夫したりすることが認められています。

リカーブ部門においては的までの距離は70m、
コンパウンド部門では50mとなってます。

まずは72射を放った合計点(1射10点満点で最大720点)で
決勝トーナメントの組み合わせが決まり、
1対1の対戦形式で行われるリカーブ部門の決勝ラウンドでは、
セットごとに勝者に2ポイント、引き分けを1ポイント、
敗者を0ポイントとして計算し、
合計6ポイント以上先取した選手が勝者となります。

パラスポーツのアーチェリーには
クラス(障害の重度差で分ける)があり、
W1 ・車椅子使用・四肢麻痺など 重度

W2 ・車椅子使用・対麻痺(胸腰椎損傷など) 中度

ST ・立位orいす使用・上肢・下肢障害 軽度

とあります。

重定さんは、2016年にアーチェリーを始めているので、
まだ競技歴は3年程度です。
ですがそれまでテニスをやっていた身体能力を生かし
2017年には競技歴わずか2年で国内ランキング1位にまで
なっているんです!
国際大会でも結果を残しているので、
東京パラリンピックでもメダル獲得はあるのでは…
と思います!

重定知佳の障害はいつから?アーチェリーとの出会いは?

重定知佳さんは、
中学2年生の時に両足がまひする難病が発覚し、
歩行が困難になってしまいます。
街を歩いてても、普通には歩けず足をちょっと引きずって歩いてしまい
周りの人たちに好奇の目で見られるのが怖いという理由から
出歩かなくなって家にこもることが多くなってしまったそう。

その後、就職した重定さんは、
2002年に出会った車いすテニスてを人生が変わります。
メキメキ頭角を現し、国内ランキングは6位まで上昇
しかし、2013年に突然引退してしまいました。

理由は、
上地結衣さんと言う選手を小学生の時から知っていた
重定選手。
上地結衣さんが高校生になった時あっという間に抜かれてしまい、
もう私の時代終わったな、と目的が無くなってしまい
引退されたそうなんです。

しかしその後…引退してから2年後。

リオデジャネイロパラリンピックで同じ車いすの
上山友裕選手の活躍を見て刺激を受けます。

車いすに乗っててちゃんと射てている人を初めて見た重定さんは、
ああいう人になりたいと思い
アーチェリーを始めたそうなんです!

その後すぐに国内ランキング1位にまで上り詰めるなんて
スゴすぎですよね!!!

重定知佳のプロフィールと戦歴!

プロフィール
・名前
重定知佳(しげさだちか)

・生年月日
1982年11月22日
37歳(2019年11月時点)

・身長
157 センチ

・体重
50キロ

・出身地
福岡県北九州市

・所属
林テレンプ

主な成績

2017年
文部科学大臣杯争奪第46回日本身体障害者アーチェリー選手権大会
フェニックス東京大会 リカーブ女子(オープン)1位

2018年
第4回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会
リカーブ女子(オープン)2位

インドネシア2018アジアパラ競技大会(インドネシア)
リカーブ女子(オープン)7位
ミックス戦(オープン)2位

2019年
第43回のじぎく杯アーチェリー大会
リカーブ女子 2位

第5回Fazzaパラアーチェリー世界ランキングトーナメント大会(ドバイ)
リカーブ女子(オープン)7位
ミックス戦(オープン)4位

パラアーチェリーヨーロッパカップサーキット大会(イタリア)
リカーブ女子(オープン)3位
ミックス戦 3位

パラアーチェリー世界選手権大会(オランダ)
リカーブ女子(オープン)9位
ミックス戦(オープン)8位

まとめ


・現在37歳
・中学2年生で両足が麻痺する難病を発症
・車いすテニスで国内6位まで上り詰める実力
・現在はアーチェリーで金メダルを目指している

でした!

コメント